The Okura Tokyo『オーキッド』ディナーブッフェ 2019年11月

7

投稿日:

ドリンク

アイスティー


コーヒー・紅茶は、ブッフェ料金内でおかわりも可能
濃く抽出したアイスティーは、先日クラブラウンジで頂いたものと同じで、とても美味しかったです。

実食~料理~

前菜


フォアグラのフラン ポルト酒のソース、富山産 白エビのカクテル、トマトとモッツァレラのサラダ、生湯葉 マスの卵添え、チキンとリンゴのウォルドフサラダ、シーフードマリネ、パテドカンパーニュ、びんちょう鮪のマリネ(?)
前菜は”生もの”が多く、帝国ホテルの『サール』ニューオータニの『THE Sky』よりも さらに豪華な印象を受けました。

富山産 白エビのカクテル びんちょう鮪のマリネ(?)は、香草オイルを和えたイタリアン刺身という感じ。


身に 炙りが入っているせいか、鰹節に似た旨味があり、とっても美味しい。


白エビは、ドライトマトソースの塩気によって、ねっとりした身の甘さが引き立っていました。


生湯葉 マスの卵添えは、濃い出汁ポン酢のような 酸っぱ旨いソースが印象的。
クリーミーな湯葉の塊と メリハリがあり、美味しかったです。


フォアグラのフランは、THEフォアグラというムッとくる旨味、脂のとろける舌触りがたまらない!


「ポルト酒のソース」は、どことなく”たれ”っぽい。甘口の焼き鳥のたれと アルコールを かけ合わせたような 味わいで、濃厚なフランと相性抜群でした!

魚の丸焼き、ローストビーフといった ゴチソウ目白押しのブッフェでしたが、料理部門MVPフォアグラのフラン

チーズ・コールドミート・パン


チーズ(プチブリー・オールドアムステルダム・ゴルゴンゾーラピカンテ・ベラロディラスパドゥーラ)、生ハム&コッパ、スペイン産テルエルポークのリエット、メロンパン、かぼちゃパン
チーズとコールドミートは、私好みの熟成臭の効いたものばかり。
ギュッと硬質なオールドアムステルダム(オレンジのチーズ)は 中でも気に入りました。
スペイン産テルエルポークのリエットは フムスに通ずるエスニックな風味。

小さなメロンパンかぼちゃパンは、いずれも中身のないシンプルなものでした。
メロンパンは ビス生地が非常に薄く、ほぼ”ザラメパン”という感じ。

ローストビーフ


ローストビーフは、個人的に帝国ホテルに軍配でした。

淡白な赤身部位なので、どうしても”脂の焼け感”に欠ける印象。
柔らかく蒸した牛肉、といった感じで、サッパリ肉派の方にはイイかも。


濃そうに見えるグレイビーソースも、肉汁より”塩味”が上回り、とことんサッパリしていました。

温菜①


カンパチの塩釜焼 ブールブランソース浅葱の香り、ポテトグラタン、孔子のクリーム煮&サフランライス、グリルチキン 照り焼き風、国産三元豚トロのグリル ちりめんキャベツのブレゼ ケッパーソース
温菜は、高級洋食ブッフェらしくバター生クリームを使った料理が多かったです。

中でも一番気に入った品は、見た目もインパクトがあったカンパチの塩釜焼です。


そりゃもう、身が ほこほこしていて、新鮮ゆえ血合いも美味しい。
バターベースのソースも 非常に合いました。


国産三元豚トロのグリルは、己の脂でカリカリに揚がってる!
肉料理の中では こちらがイチオシです。

温菜②


ほうれん草とキノコのラザニア、秋鮭のソテー ほうれん草添え ラビゴットソース、シーフードムース ポロねぎのエチュベ トマトソース、きのことクリのソテー、野菜カレー、ミニひれかつ、小海老フライ、ジャンバラヤ
右のジャンバラヤは、ローズマリーの香草感が鮮烈で、この日の料理の中では 最もクセがありました。


小海老フライミニひれかつは、カラリと軽い衣が好印象。ただ、海老は ハズレの個体だったのか、身が小さく”ほぼ衣”という感じでした。
野菜カレーは、具無しのサラサラカレーで、スパイスよりも 野菜の甘さが先行する印象。


秋鮭のソテーは、うんと脂が乗っており、トングで持っただけでズルッとほぐれてしまうほど。
「ラビゴットソース」は タルタルソースに似たソースで、私の好きな味!

クラムチャウダー


ボストン風クラムチャウダーは、塩味しっかり&サラサラで、ブイヨンスープに近い気がしました。
個人的には、ミルクを足したい感じ。

実食~デザート~

グラスデザート


赤桃ジュレとチョコレートのムース、赤桃のムース、オレンジゼリー、マスカットゼリー、赤ブドウゼリー、クレームブリュレ
3色のゼリーは クラッシュタイプで喉滑りが良く、さわやかな風味のマスカットゼリーが特にお気に入り。(ゼリー自体はわかりませんが、上の果肉は シャインマスカットでした。)
左上の赤桃ジュレとチョコレートのムースは 酸味と甘味のコントラストが良かったです。


クレームブリュレは、乳脂肪リッチな滑らかクリームに、パリパリのキャラメリゼを施した一品。


バーナーで今焼いた飴の香ばしいこと。
ココット底には バニラビーンズが溜まっており、私の理想とするブリュレそのもの、という作りです。
そう、デザート部門MVP

ケーキ・プチスイーツ


苺のショートケーキ、柿のタルト、ガトーショコラ、チョコムース、シュークリーム
ドーム型のチョコムースは、シンプルなミルクチョコ味でした。


柿のタルトは アーモンドプードルの効いたタルト生地が美味しく、サブレのようにザクッと固い””が特にイイ。
しかし、密度があるので、かなり重たいです。


ガトーショコラもまた重たく、みっしりとした粘チョコタイプ。
手前のシュークリームは 生クリームとバニラクリームのダブルでしたが、後者はブリュレと共通のものか、粘っ濃い感じ。


重めのスイーツが続く中、苺のショートケーキしゅぅ~~と萎むスポンジの軽さが印象的でした。
これはお腹いっぱいでも別腹に入る!

バニラアイスもなか


歯ざわりパリンッ!もなかに、バニラアイス、粒餡きな粉カカオニブ、黒蜜をトッピングしました。
カカオニブは 余計なことした感!(笑)


ギュッと押しつぶして かぶりつきました。
バニラアイスは 雪見だいふく系統の白くてミルキーなタイプで、粒餡きな粉に合う!

焼菓子・パンプディング


ダックワーズ、マカロン、抹茶フィナンシェ、パンプディング
に入っていたダックワーズは、おそらく ホテル内の『シェフズガーデン』で売っているものでしょう。さっくりとした歯ざわりは良かったものの、激甘な砂糖菓子という味わいだったので、ブッフェのデザートには向かないかな…。(紅茶を飲みながら、ちびちび食べたいやつ!)


パンプディングは、表面のほんの数ミリに パンが居るのみで、ほぼカスタードプリンでした。
昔ながらの弾力プリン×苦目のカラメルがとっても美味しい。

柚子&洋梨シャーベット


洋梨シャーベットには キャラメルソースを。

おかわり


今回の3トップを再度。

以上

ホテルブッフェ最高価格帯ながらも、
惜しみないブッフェで大満足でした!!

品数豊富で 食材に華アリ、オープンキッチンから次々と出来たてが提供される所もgood。
また、料理を取って席に戻ると、必ず テーブルがキレイさっぱり片付けられており、サービスも良好でした。

”昔ながらの洋食”なメニュー構成は、帝国ホテルの『サール』とよく似ていますが、個人的に 肉料理は『サール』、魚料理は『オーキッド』が美味しい!と感じます。
デザートに、むっちゃ美味しいクレームブリュレがあった点で、今の私の気持ちは『オーキッド』寄りです。

気になりつつ食べられなかった品も多いので、絶対また行く!

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

おすすめトピック

関連記事

関連記事

ディナーブッフェ

ホテル椿山荘東京『みゆき』オーダーブッフェ「味めぐり30選」~冬の味覚~ 2020年1月

ホテル椿山荘東京の2階、日本料理『みゆき』のオーダーブッフェへ行ってきました。(前回訪問は去年9月です。) オーダーブッ ...

ディナーブッフェ

グランドハイアット東京『フレンチキッチン』オータムハーベスト セミブッフェディナー 2019年10月

六本木ヒルズ内、グランドハイアット東京の2階にある『フレンチキッチン』の秋限定ディナーブッフェへ行ってきました。 前菜ブ ...

ディナーブッフェ

© 2020 そう、これからだよね!