帝国ホテル東京『インペリアルバイキング サール』ディナーブッフェ~スイスフェア~ 2018年3月

10


帝国ホテル東京の本館17階にあるブフェレストラン『インペリアルバイキング サール』のディナーブッフェへ行ってきました。3月限定で本格的なスイス料理が登場とのこと。

スイスフェア
~SWISS DAYS AT THE IMPERIAL~

2018年3月1日~3月31日平日ディナー 9,020円(税・サ込)
一休.comからの予約で7,800円
※2時間制限の席
  土日祝ディナー 9,570円(税・サ込)


以下、はスイスフェアの品。

シーフードマリネ、鰯のエスカベッシュ、小海老と菜の花の白和え とびっこ添え、キャベツのサラダ アッペンツェルチーズ添え

カプレーゼ、スモークチキンのカリフラワーソース、スモーク鴨とマンゴーのソース 桜の風味

スモークサーモン、コールドミート盛り合わせ、野菜のテリーヌ、テリーヌ3種類の盛り合わせ、帝国ホテル伝統のポテトサラダ

半熟卵のブイヨン仕立て レティヴァチーズのクリスティアン、ヤリイカと海藻のタラマソース パルミジャーノ添え

野菜とベーコンのスープ スイス風、玉葱のクリームスープ

ハムとパンのラクレット

サラダ

シーザーサラダ、チーズ各種

パン

シーフードトマト

鶏肉と山菜のピラフ 山椒風味

石巻産 鱈の海藻蒸し 紅白のソース

ポテト

仔牛のクリーム煮 チューリッヒ風

赤甘鯛と小海老のフランセーズ

マカロニとリンゴのコンポート

温野菜

エビフライ、フィレビーフのカツレツ

ローストビーフ


プリン、シャルロットフレーズ、苺のショートケーキ、フルーツタルト、クラシックショコラ、チーズケーキ



クッキー、タルトヴォドワーズ、アップルパイ










スイスチョコレートケーキ、スイスモンブラン、ムラング・フランボワーズ、ベリーヌ・バニラ・アプリコット

タルトノア

ワッフル

フルーツ

ジェラート

チェリージュビリー

料理は他にも、下記のものがありました。
エスカルゴの香草クリームソース
ハッシュドビーフ
野菜たっぷりの伝統のビーフカレー

以下、実食編!

前菜①

スモークチキンのカリフラワーソース、スモーク鴨とマンゴーのソース 桜の風味、カプレーゼ、小海老と菜の花の白和え とびっこ添え、キャベツのサラダ アッペンツェルチーズ添え、鰯のエスカベッシュ。
小皿入りの スモーク鴨とマンゴーのソース 桜の風味は マンゴーソースがデザートのような 結構甘い味。”甘肉”好きとしてはツボです。
下の キャベツのサラダ アッペンツェルチーズ添えは 薄く削ったハードチーズの”チーズ臭っさい感じ”が美味しい。リンゴのフレッシュな風味がマッチしていました。
左の 小海老と菜の花の白和え とびっこ添えは 出汁の効いた 和~な一品。

前菜②

半熟卵のブイヨン仕立て レティヴァチーズのクリスティアン、ヤリイカと海藻のタラマソース パルミジャーノ添え、コールドミート、帝国ホテル伝統のポテトサラダ、野菜のテリーヌ&テリーヌ3種類の盛り合わせ。
右上の ヤリイカと海藻のタラマソース パルミジャーノ添えは 贅沢にも、イカは柔らかい部分しか入っていません!たらこクリーム&チーズで、パスタにも合いそうな一品でした。
カクテルグラス入りの 半熟卵のブイヨン仕立て レティヴァチーズのクリスティアン は”冷製オニオングラタンスープ”といった感じ。玉葱の甘い味に、カリカリのチーズ、半熟卵のコクが合わさり、まろやかで美味しかったです。

普通の温玉よりも 黄身が少し固めなところが、ますます私好み。


スープ、チーズ、パン

野菜とベーコンのスープ スイス風、玉葱のクリームスープ、パルミジャーノチーズ、グリュイエールチーズ、パネットーネ、ベルリーナラントブロート。
スープはどちらもクリーム系ですが、両者とも さらっとしていて、胃に重さを感じさせません。
野菜とベーコンのスープ スイス風は 溶けバターinで、サラサラ系ながらもコク深く美味しい。
玉葱のクリームスープは わずかに玉葱の舌触りが残っており、野菜らしい甘みがよく感じられました。

オレンジ香るパネットーネに、帝国ホテル特選発酵バターをたっぷり。スイス関係ないけど、美味しすぎて おかわり。

チーズは数種類あるうち、グリュイエールチーズはスイスフェア限定品のようでした。個人的には、それ以上に印象に残ったのは 荒削りのパルミジャーノチーズ。ちょっと固くて、噛みしめると 甘み&旨味が凄い。(こちらは定番品ですが、なぜか今まで眼中にありませんでした。)


ローストビーフ

ローストビーフ、温野菜。

まさにこれが食べたかった!というローストビーフ

しっとり、しなる肉質。したたる肉汁に、今回も大満足。


小鍋料理

ハムとパンのラクレット、エスカルゴの香草クリームソース。
いつもは3品ある小鍋料理ですが、今回は この2品のみでした。
エスカルゴの香草クリームソースは 柔らかなエスカルゴを 香草バターが引き立て、毎回楽しみな定番品。
ハムとパンのラクレットは シンプルに”溶けチーズ”が楽しめる一品。ハムの表面が チリッと焼きあがっているのがまた良かったです。

ポテト&ハムの下に、 グラタン調の ふにゃっとしたパンが入っていました。


温菜

ポテト、赤甘鯛と小海老のフランセーズ、マカロニとリンゴのコンポート、石巻産 鱈の海藻蒸し 紅白のソース、仔牛のクリーム煮 チューリッヒ風、シーフードトマト、鶏肉と山菜のピラフ 山椒風味。
作り置きの温菜も、チーズ料理が多かったです。
左上のポテトは ジャーマンポテトにチーズを加え、ギュッとプレス焼きした感じ。ベーコンがゴリッ、チーズがパリッとしていて、名前がシンプルなわりには凝っていました。
下の 鶏肉と山菜のピラフ 山椒風味は 山椒と海苔の風味が良く、こってり系が多い中、ほっとする和な味わい。

マカロニとリンゴのコンポートは リンゴが別添えになっていましたが、かけないほうが好みでした。料理に合わせるには、ちょっと糖度が高すぎるような。マカロニは チーズがしっかり絡んでいて美味しかったです。

石巻産 鱈の海藻蒸し 紅白のソースは 甲殻類の濃厚ソースを吸った 海藻部分が お気に入り。しっとりな鱈も もちろん美味しい。


ハッシュドビーフ、揚げ物

ハッシュドビーフ、エビフライ、フィレビーフのカツレツ。
欠かせない定番品です。
ハッシュドビーフは 酸味とコクのバランスが 非常に好み。
エビフライは ガシャガシャっとしたクリスピーな衣がたまらないっ!

エビフライはディナー限定なので、これの無いランチには興味なし。


アイスティー

コーヒー・紅茶はブッフェ料金内で、おかわりも飲み替えも可能。
さて、デザートタイムへ!



デザート①

タルトヴォドワーズ、チーズケーキ、クラシックショコラ、シャルロットフレーズ、苺のショートケーキ、フルーツタルト。
ひときわ図体のデカい タルトヴォドワーズは、スイスフェアのケーキ。

見た瞬間、美味しそう~と目がハートになりましたが、思ったものとはちょっと違ったかも。厚手のブリオッシュの中央に チーズクリームが薄く乗っており、ケーキというよりは菓子パンという感じ。
右のチーズケーキは 濃厚でとても好みです。しっとり・しゅわりとしていて、かつ、チーズのとろみがある舌触り。


デザート②

ベリーヌ・バニラ・アプリコット、ムラング・フランボワーズ、クッキー、プリン、スイスモンブラン、スイスチョコレートケーキ、タルトノア
ベリーヌ・バニラ・アプリコットは バニラの黒粒を帯びたアプリコットコンフィチュールが 乙な味。
ムラング・フランボワーズは ドゥーブルチーズのデザート、とのこと。ドゥーブル?がよくわかりませんが、私的には マスカルポーネチーズと 発酵バターの中間のように思いました。要は、物ッ凄くミルキーで、乳脂肪分高い感じの 美味しいデザート。
手前のタルトノアは ガチッと固めず、生キャラメルにクルミinといった作り。濃厚なキャラメルがとろ~っと口に広がります。

スイスモンブランは モンブランクリーム、スライスアーモンド、カシスジャムを重ねた一品。甘々な栗部分との対比で、カシスがビリッとくるほど酸っぱい!
スイスチョコレートケーキは 甘さ強めのチョコケーキでした。


ジェラート

グレープフルーツ、ブラッドオレンジ、ピスタチオ、イチゴ、マンゴー、バニラ、ラムレーズン、キャラメル、チョコレート、抹茶。
10種をちょっとずつ、とお願いしたところ、若干写真写りが悪い感じに(笑)
どれも非常に濃厚、そして滑らかでシルキーな舌触りです。このジェラートが食べ放題なんて、夢のよう。
中でもイチオシは、爽やかな酸味のブラッドオレンジ

以下、おかわりタイム!


ローストビーフ、ラクレットなど


デザート

スイスのデザートでは グラスデザート2種が特に好みでした。定番デザートの中では、プリン激推し。

カッチリで滑らかで 濃いいいいいカスタード。


ジェラート


以上。期待通り、たくさんのチーズ料理を堪能できました。
ホームページには料理メニューの紹介しかありませんでしたが、デザートにもスイスフェアの品が多かったのは、嬉しい誤算。

絶対的な補充&美味しさが確保されており、ディナータイムのブッフェでは こちらと『みゆき』が2推しです。

【平日限定】バイキング発祥 帝国ホテルのディナーバイキングの一休限定プラン★9,020円→7,800円
※上記リンクは2時間制・割引プランです。


 コメント (10)