パレスホテル東京 クラブフロア宿泊記〔1〕 2017年12月

0

投稿日:

パレスホテル東京のクラブフロアに宿泊しました。食べた記録を中心に、宿泊記を綴ります。

パレスホテル東京 クラブフロア宿泊記 パート〔1〕

この記事は、クラブラウンジでのティータイム&客室編。


水と緑が豊かな 東京都千代田区丸の内1-1-1。
野鳥が集う平和な場所に聳える 老舗ホテル。










いつもは ぷか~~っと優雅に泳いでいる白鳥さんですが、何やら忙しい時間だったみたい。




パレスホテル東京は、4店のレストラン利用経験はあるものの、宿泊は初めてです。
今回はクラブルームを予約したので、専用ラウンジにてチェックインを行いました。


クラブラウンジ
(7:00~22:00)

ホテル19階に位置するクラブラウンジは、クラブルーム(もしくはスイートルーム)の宿泊者は無料で利用できます。
広々とした空間にはクリスマスツリーが飾られ、あたたかな雰囲気。また、雑誌や新聞などもあり、ゆったりとした時間を過ごせそうです。


好きな席を選ぶと、手続きの前に ウェルカムドリンクのサービスがありました。


ウェルカムドリンクは4択で、私が選んだのは、さっぱりとした ピーチティー。
他には、抹茶と柚子のティー(写真右上)、生ビール、シャンパンが選択可でした。


生チョコが付いていて嬉しいですね。
ドリンクだけではなく、アロマスプレーのプレゼントもあり、こちらは3種類の中から選べました。


ピンク色が可愛い ローズの香りをチョイス。他の選択肢は確か、カモミールと ひのき。
クラブ特典は以下の内容です。

(クリック拡大)

様々な特典がありますが、私的に重要なのはフードプレゼンテーション!
大事なことなので、文字に起こしましょう。

07:00~10:30 :朝食
14:00~16:00 :アフタヌーンティー
17:30~20:00 :イブニングカナッペ


時間ごとに提供される飲食サービスは、全て宿泊料金内。
アルコール類は「イブニングカナッペ」のみ、ソフトドリンクは終日楽しめます。


チェックイン時間の「アフタヌーンティー」は、ラウンジ奥のスペースに 温かいスコーンやデザートなどが並びます。
朝と夜は 写真手前の台もブッフェコーナーとなり、さらに種類豊富に。


アフタヌーンティー(14:00~16:00)


サブレ、おかき、ミックスナッツ。


焼き菓子。




スコーン。


サンドウィッチ。


季節のゼリー。


わらび餅、水まんじゅう。


オレンジジュース、グレープフルーツジュース。


その他ソフトドリンク。

セルフのドリンクも色々ありますが、ラウンジに伺う都度、ドリンクのオーダーを取りにきてテーブルにサービスして頂けました。
紅茶はロンネフェルトのものが15種類あり。



ホテルロゴ入りの ふわふわカプチーノとともに、Let'sおやつ。


おかきとナッツ以外は概ね全種です。
「アフタヌーンティー」と銘打っているだけあり、一通り頂けば『ザパレスラウンジ』や『プリヴェ』のアフタヌーンティーと遜色ないくらいのボリュームです。お味の方も それらに匹敵する印象。


季節のゼリー、焼き菓子。

焼き菓子は左から、フィナンシェ、ガトーショコラ&グリオット、フルーツケーキ。
特に印象的だったのは 真ん中のガトーショコラ。ねっちり、超フォンダン状態!キルシュがよく効いた濃厚さで、大変美味でした。

大まかにクラッシュされた2種のゼリーは、どちらもジューシーで口当たり良し。
飾りのグレープフルーツには、隠し包丁(?)が施されていたらしく、ツルリと気持ちよく皮が剥がれ、食べやすさにも感激。



サンドイッチ、スコーン。

温かいスコーンは、ほくほく柔らか系。
ジャムも自家製のようで、タルくなくて とっても美味しい。
4種のサンドイッチは どれもしっとり、完璧なる保湿。

苺&バナナのスイーツサンドにも歓喜しましたが、それ以上にテンションが上ったのが、その手前の ホタテ&サーモンサンド。
燻製ホタテが柔らかく・薫り高く、さらに 食欲をそそるガーリック風味がほんのりと。オレンジ果肉も良いアクセントで、この時間のフードの中でもMVPでした。


和菓子、サブレなど。

透明の瓶に入った お菓子類は、フードプレゼンテーション時間外も常駐でした。(朝食時は除く。)
左から、フロレンティーヌ、サブレ・ベルガモット、サブレ・ショコラ。
アーモンドキャラメルのカリカリバー(フロレンティーヌ)、大好物です!滞在中いくつ頂いたことでしょう。

水まんじゅうの中身は、抹茶餡。皮が固くなっておらず、みずみずしくて美味しい。
わらび餅も柔らかでした。



ホタテ&サーモンサンド。

一通り頂いて終了…のつもりが、どうしても我慢できず、MVPのサンドイッチをおかわりしてしまった。
今食べないと この美味しさとは 今生の別れになると思って、つい。

予定よりも長居してしまいましたが、ようやく お部屋へGO。



ドアを開けると、雰囲気のあるランプが お出迎え。


今回予約したのは、クラブカテゴリ内で最も安い、クラブデラックスキング(45平米)です。
窓はさほど大きくないものの、天井が高く、思ったよりも広々に感じました。


内装は 非っ常~にシンプル。初宿泊ながら、落ち着く感じ。


ベッドの横には、予約時に お願いしていた加湿器が置かれています。
宿泊前に、「加湿器は確かにお部屋にご用意をいたします」とのメールをわざわざ下さり、安心して当日を迎えることができました。(どちらのホテルも 希望は叶えてくれるものの、事前メールを下さったのはこちらが初めてだったので、丁寧さに感激しました。)


ベッドの反対側には、テレビ、メモ帳、電話など。
雑誌も何冊か用意されていました。


テーブルには茶器と日本茶、そして『HIGASHIYA』の豆菓子が。


ペットボトルの水、ネスプレッソ、


紅茶やコーヒーなども無料。


その他お菓子や、ミニバー、冷蔵庫内のドリンクは有料。私的に、触れちゃいけないゾーン(笑)


水回りも 至ってシンプル。
バスタブ、シャワー、トイレは それぞれ独立タイプ。


自分が写り込むので変なアングルですが、洗面台はこんな感じ。
洗面鏡の左側にある グレーの四角は、なんとテレビ!


バスルームに小さなテレビが設置されていることは よくありますが、鏡の一部がテレビ画面、というパターンは初。かっこいい~!


白箱で統一されたアメニティ。


「アンヌセモナン」のバスアメニティと、マウスウォッシュ。


これもやはりシンプル、白のスリッパ。


和柄のカードキーは、ピッ!っと かざすだけのやつ。差し込みタイプよりも簡単で好き。


部屋からの景色は、皇居越しの新宿方面。
夜には 皇居の森が真っ暗になり、遠くに 街が輝きます。

お部屋を後にし、無料のプールを利用しました。
水着レンタルは有料なので、持参。


エビアン スパ 東京(フィットネスは24時間、プールは6:30~22:00)

evianは、水の、あのevianです。
タオルやバスローブにも、見慣れたevianのロゴ。




フィットネスとプール、ロッカールームは無料ですが、温浴施設は有料です。
ロッカールームはコンパクトながらも、アメニティが揃い、またシャワー室が1室あるので、無料部分だけでも個人的には十分でした。ただし、プールについているジャグジーはややヌルめでしょうか。
プールは空いており、快適に泳げました。



次の記事に続きます。

【パレスホテル東京】クラブフロア宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

おすすめトピック

関連記事

関連記事

宿泊記