パレスホテル東京 クラブフロア宿泊記〔2〕 2021年10月

0

投稿日:

パート〔1〕より引き続き、パレスホテル東京のクラブフロア宿泊記。

パレスホテル東京
クラブフロア宿泊記 パート〔2〕


この記事は、クラブラウンジでのイブニングカナッペタイム、および、ルームサービス編。

クラブラウンジのイブニングカナッペ

アルコールメニュー

飲み放題のアルコールメニュー

非アルコールメニューはこちら

シャンパン

フード類は、コース料理のように順番に提供していただけます。

生ハム&グリッシーニ

生ハムは切りたて!
生ハム切りたてとのこと。
パレスホテルの生ハムは、濃くて熟成感があって美味しいですね。

オードブルプレート


オシャレなプレートに彩りよく盛り付けられたオードブルたち。


小瓶に入っているのは、サーモンのリエット
ゆるめのクリーム状で、鮭の旨味たっぷりのタルタルソースのよう。
リッチな脂感と、ディルの爽やかさが絶妙です。

サーモンテリーヌはフレンチコースのようなクオリティ
これまた美味しかったサーモンのテリーヌ
パプリカ&いんげんがシャッキシャキで甘いこと!
サーモンの脂がドレッシングのように野菜と調和し、まさに素材の味を活かし切った一品でした。

あと、オリーブ左のプチトマトが 何事!?ってくらい甘くて美味しかった。


シャインマスカットが嬉しいフルーツ盛り合わせ

ニョッキ


ニョッキは なんと!その場でパルメザンチーズを削る演出付きです。


こ、これは…、ベースに魚介類が居る

「トマトソースのニョッキ」と伺ったと思いますが、トマト&チーズだけでは説明がつかないほど旨味に満ち溢れていました。

美味しすぎたニョッキ!!
むちむちコシのあるニョッキの食感も どストライク。
今回の宿泊の総MVPと言ってもいいでしょう!

牛ヒレ煮込み&魚介類のクリーム煮

ミニフライパン&ミニ鍋が可愛い
ラストはメインディッシュの肉・魚料理!


おそらく低温調理されたであろう柔らかな牛ヒレ煮込みは、すき焼きのような甘い味付け。
たっぷりの角切りきのこの中に レンコン(?)が紛れており、時々シャキッ!が来るのがイイ。


魚介類のクリーム煮は バターと生クリームが濃厚で、シンプルに美味しかったです。
また、魚介クリームの旨味を受け止めるの存在がナイスすぎる!

生ハム


生ハムのおかわりを勧めていただいたので、お言葉に甘えて頂いちゃいました。

コロナ前のブッフェ形式よりも 量こそ少ないものの、丁寧な味と盛り付けで大変満足なカクテルタイムでした!

ルームサービスのボロネーゼとトリュフポテト

夕食はインルームダイニングにて、「スパゲティボロネーゼ」と「トリュフとトリュフソルトを添えたフライドポテト」をオーダーしました。

スパゲッティボロネーゼ


スパゲティボロネーゼ
【税サ込 3,150円】

率直に言うと これはイマイチでしたね…。

パレスホテルのルームサービス、毎回ちょっと残念なんだよなぁ…
まだ湯気が上がっているにも関わらず、すでに麺が伸び伸びボソボソ。
そして強い塩味に対して肉の旨味が微弱であり、加熱しすぎが明らかでした。

できれば、ラウンジのニョッキを部屋で食べたかった~~!!!

トリュフポテト


トリュフとトリュフソルトを添えたフライドポテト
【税サ込 1,940円】

う~ん…、こっちはこっちで揚げが浅すぎるかな…。
クリスピーさ・香ばしさが もうひとつです。

トリュフ塩は『スイーツ&デリ』に売ってます!塩は美味しい
トリュフの香りはさすがにイイです!
ポテト自体に「トリュフ塩」が纏っていて、トリュフスライス以外の部分も ちゃんとトリュフ。
だからこそ、もう少し芋の頑張りがほしいところでした。

『スイーツ&デリ』の商品もたくさん頂いたので、またブログに上げます!

宿泊予約

【パレスホテル東京】クラブフロア宿泊プラン&口コミを今すぐチェック!

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

おすすめトピック

関連記事

関連記事

宿泊記