旧、これからだよね!はこちら

シャングリ・ラ ホテル東京 ホライゾンクラブフロア宿泊記 パート〔3〕 2018年1月

2

パート〔2〕から引き続き、シャングリラホテル東京のホライゾンクラブフロア宿泊記

シャングリ・ラ ホテル東京
ホライゾンクラブフロア宿泊記〔3〕


この記事は、部屋食&ラウンジでの朝食編。


カクテルタイムを終え、軽く散歩しようかなと思いましたが、1階に降りて この様を見て やめた。


上階では窓外の視界が真っ白だったので、雪とはわかっていたものの、まさかこんなことになっていたとは。(ノー天気に薄着で飛び出し、慌てて館内に避難)

予定を切り上げ、さぁ食べよ。



今回は誕生日祝いを兼ねての宿泊でしたが、その旨を宿泊予約欄に記入したところ、ホテルからバースデーケーキの用意ができるとのメールを頂きました。せっかくなので、9cmの苺ショートを予約。
ルームサービスで、軽食もオーダーしました。


大きなベアは、なんとホテルからのプレゼントです!


イチゴのショートケーキ

3,478円(税・サ込)
12cmのものも選べましたが、前回のパレスホテル東京で 欲張って大きいのを買い 後悔したので、大人しく9cmの小さい方で。

チョコプレートの下に、ラズベリーとブルーベリーも隠れていました。
スポンジは ふわ系。クリームはやや固め。


チキンサテ

チキンサテ 胡瓜とチリ、ローストしたピーナツのソースと餅。
2,298円(税・サ込)
ルームサービスのメニューは去年と変わっていないようでした。
シャングリラらしく、アジアンなものをチョイス。

甘辛味の 焼き鳥です。タレは、ココナッツカレーとピーナッツバターをMIXしたようなもの。
焼き鳥は塩派ですが、変わり種もたまに食べると とても美味しく感じますね。


キッシュ

ラクレット入りの自家製ポテトキッシュ。
1,739円(税・サ込)
部屋食でのイチオシは、こちら!

ラクレットチーズもさることながら、香ばしいケース部分が最高です。

持ち上げてもヘタらない、クリスピー・キッシュ。
サクサクサクッ!と軽快に頂け、ポテトたっぷりですが モサつきが全くありません。香ばしさとともに、チーズのミルキーさもよく感じられ、今回の宿泊の中で 最も記憶に残る味わいでした。(朝食ブッフェのキッシュも美味しかったけれど、こちらとはまた別物でした。)




翌朝に控える朝食ブッフェを思うと、心の中はこんなテンション。



あんなに降っていた雪はいつの間にか止み、雪明りの恩恵か、夜明け前の景色はいつもよりもキレイに見えました。




日の出は、ビルと ちょうど被ってしまい、やや惜しいところですね。




こちらは『ピャチェーレ』からの東京駅。
真っ白!!

さて、食べ物の話に戻りましょう。
ホライゾンクラブ泊の朝食は、以下の5択です。
ホライゾンクラブラウンジ
『ピャチェーレ』
『ザ・ロビーラウンジ』
インルームダイニング
テイクアウトの朝食

ブッフェ形式は、上の2つ。
例によって、『ピャチェーレ』での朝食ブッフェ後、ホライゾンクラブラウンジにも伺いました。


朝食(7:00~10:30)















『ピャチェーレ』とは若干異なるラインナップです。
カットフルーツの種類や 瓶入りのドリンクの中身が違っていたり、スープが冷製だったり。

オーダー式メニューは、こちらでも好きなものを好きなだけ頂けます。


本来は見開きメニューですが、合成して1枚の画像にまとめました。
やはりレストランの『ピャチェーレ』のほうが選択肢は多いです。



こちらでもメロンジュースをオーダーし、二次朝食。


リコッタチーズパンケーキ

リコッタチーズパンケーキ シナモン風味の青森産りんごのロースト、ノーブル バーボン樽熟成のメープルシロップ。
りんごver.は恐らく新メニュー。

こんもりと盛り上がった2枚重ねのパンケーキに、甘いソース、くたくたのシナモンりんご。

水蒸気を もわぁ~っと含んだ感じのパンケーキが美味しい。ふわふわだけど、ほんの少し弾力もあり、こちらのパンケーキ大好きです!
様々なトッピングがありますが、去年頂いたバナナキャラメリゼver.が私的にトップです。


ココナッツのチアシードプディング

ココナッツのチアシードプディング 苺のマリネとレモンのキャンディー。
こちらは同伴者オーダー。
「レモンのキャンディー」はレモンピールのシロップ漬けだったよう。デザートにはちょうど良さそうですね。


ドリンク類、フルーツ

去年同様、生マンゴーはラウンジ限定。
紫色の「長野県産オーガニックスムージー」は、濃厚好きの私でも怯むくらいの濃さ。どろりと重みがあり、何粒分のブドウが入っているのでしょう。
透明の「ヘルシードリンク」は ちゅるんとしたゼリー入りで 爽やか。

10:30からは、オールデイティータイムに切り替わります。


オールデイティータイム(10:30~22:00)





この時間はサンドイッチもあり。



ラストティータイムも、メロンジュースは欠かせません。

メロン漬けのホテルステイ、やっぱり幸せ~。



チェックアウト時に、「おはじき飴」をおみやげに頂きました。(シャンベアのアイシングクッキーは廃止になった模様。)



以上。クラブステイの中でも高額なほうになりますが、その分”定額で盛り沢山”な印象です。充実の飲食サービス、たくさんのアメニティや おみやげ、無料でプール利用&ウェアのレンタル可能など、特典の多さは嬉しいですね。
そして何と言っても、『ピャチェーレ』の朝食ブッフェが最高!

しかし、スイーツ(朝食のペストリーを除く)に関しては去年、今年と2段階で劣化を感じ、”またすぐに泊まりたい!”という気持ちには至らず。前回のパレスホテル東京が良すぎたのか、見劣りしてしまったのも、事実です。(印象が落ちたのはそこだけかもしれませんが、私にとっては重要箇所だったので。)

朝食目当てで再泊することは間違いないけれど、それはちょっと先のことになりそう。
またいつか訪れる日を楽しみにしています。

【シャングリ・ラホテル東京】ホライゾンクラブ宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。


 コメント (2)