記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

グランドハイアット東京 クラブフロア宿泊記 パート〔4〕 2017年11月

0

投稿日:

パート〔3〕から引き続き、グランドハイアット東京のクラブフロア宿泊記。

グランドハイアット東京 クラブフロア宿泊記 パート〔4〕

この記事は、グランドクラブラウンジでの朝食ブッフェ編。

ブレックファスト(7:00~10:30)土日は11:00まで

朝食は、レストランは選択できず、ラウンジでのコンチネンタルブッフェ or 和朝食 の2択です。
コンチネンタルブッフェは『フレンチキッチン』の朝食ブッフェの縮小版という感じ。

サラダ。


温菜いろいろ。


キッシュ。


ソーセージ。


スクランブルエッグ。


チーズ。


バケット、ベーコンチーズクロワッサン。


その他、ペストリー各種。食パンもありました。






お粥、ご飯、味噌汁。


煮物など。


焼き魚。


シリアル。


ドライフルーツ、ナッツ。


フルーツ、コンポート。


冷蔵庫の中に、コールドミートやサーモン、フルーツなど。









カフェラテ。



スモークサーモン、温菜いろいろ。

『フレンチキッチン』で見たことのないメニューは、キッシュくらい(?)

とろりとした濃厚サーモンクリーム、な味わい。温かければもっと美味しかったと思います。


ペストリー。

ペストリーも『フレンチキッチン』とほぼ被っていましたが、小さなクロワッサンと、モチモチのチーズパンは お初でした。
紅茶マフィンは なぜかパサパサで残念。

クロワッサンは、意外にも惣菜パン!!中に生ハムが織り込まれていました。

ミニマムなクロワッサンとの対比のせいか、巨大に感じるクロワッサンダマンド。(ペストリーブティックで270円で販売しているものがそのまま出ているようです。)
中にもアーモンドクリームinなタイプで、パンというより、焼き込み系タルトを1カット食べているような感覚です。ズッシリと甘香ばしく、うっとり。


和食。

冷蔵庫あった納豆を除き、おかずは全種類です。
海苔の味噌汁は、前日の「照り焼き丼セット」に付いていたものと同じで、鰹出汁がよく効いているのに、薄口で甘みがあり美味しかったです。

焼き魚は、スズキの柚子風味焼き。個人的には『フレンチキッチン』のコッテリ脂の乗った焼き鮭に よりテンションが上がりますが、こちらの方が上等の焼き魚、という感じ。


ヨーグルト、ミューズリー、フルーツ。

フルーツも”ワンランク上”が並んでいる印象です。
赤いキウイは、とろけるような柔らかさと甘さ。 時期外れの苺があるのも嬉しいですね。
ただ、赤肉メロンは今ひとつでした。



ベーコンチーズクロワッサン。



シリアル、フルーツ。






クラブラウンジの朝食は 『フレンチキッチン』の縮小版、ということを予め把握していたので、大きな感動は無いものの、やはり上質な朝ごはんでした。
しかし、朝食の選択肢に『フレンチキッチン』があれば そちらを選びたい、という気持ちは否めません。
焼き魚やフルーツは上モノが出ていましたが、個人的にはそれよりもフレンチトーストや塊ハムをガッツリ食べたい!(わざわざ別途で利用するほどこちらに不満はありませんが、レストラン優待価格があったら『フレンチキッチン』を選ぶと思います。)

朝食後は、温浴施設でまったり過ごし、グレープフルーツジュースを頂きながらチェックアウト。







以上。ティータイムと朝食は やや大人しい印象はあるものの、その分、カクテルタイム2時間の爆発力(?)は凄まじく、この時間のためだけでもクラブフロアを選んで良かったです。
ラウンジフードは短時間集中型なので、食べ物目当てだとちょっと割高感はありますが、その他特典やサービスも申し分なく、満足のいく宿泊でした。
『フレンチキッチン』のブッフェ共々、やっぱり大好き、グランドハイアット東京!

【グランドハイアット東京】クラブフロア宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

宿泊記

Copyright© そう、これからだよね! , 2018 All Rights Reserved.