記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

グランドハイアット東京 クラブフロア宿泊記 パート〔2〕 2017年11月

2

投稿日:

パート〔1〕から引き続き、グランドハイアット東京のクラブフロア宿泊記。

グランドハイアット東京 クラブフロア宿泊記 パート〔2〕

この記事は、グランドクラブラウンジでのカクテルタイム編。

イブニングカクテル(17:30~19:30)


野菜各種。


サーモンフライ 柚マヨネーズソース、鯖照り焼き、冷やし豚しゃぶ。


国産米のおこわ。


ポークスペアリブ、オニオンリング。


スティック野菜、海老アボカド オーロラソース、茸と胡桃のテリーヌ、ビーフタリアータ バルサミコソース。


トルティーヤ、クラッカーなど。


チーズ。


スナック各種。


ケーキ、フルーツ。


アルコール各種。



ティータイムにヤクルトがあった箇所は、ビールにチェンジ。
もう1台の冷蔵庫には、ブッフェ台と同じオードブルと、生スイーツが3種類入っていました。








ブッフェ台にはバケットもあり、ディナーブッフェと言っていいような内容!
柿が途中からマンゴーに変わった以外は、同じものが補充され続けているようでした。


シャンパン。




シャンパンとともに、料理おおむね全種。


オードブル パート①。

スティック野菜、ビーフタリアータ バルサミコソース、海老アボカド オーロラソース、茸と胡桃のテリーヌ。
小皿料理は”お酒のアテ”という感じで、やや味が濃い目でしたが、どれも丁寧に作られている印象です。

ビーフタリアータ バルサミコソースは しなやかで旨味たっぷりの赤身肉。さりげなく添えられた、パリパリチーズも美味しい。


オードブル パート②。

サーモンフライ 柚マヨネーズソース、鯖照り焼き、冷やし豚しゃぶ、トルティーヤチップス。
濃い目のオードブルの中、冷やし豚しゃぶだけは淡白な味付けで、何かソースがあるのを見落としたかも。
トルティーヤ用の「チリクリームチーズ」は 甘ガーリック味でとても好みでした。

魚料理も、小さく切って串に刺さっていると、食べやすいですね。
鯖照り焼きは 甘辛い味で白いご飯が欲しくなる系。


オードブル パート③。

ポークスペアリブ、オニオンリング、国産米のおこわ。
温かい料理は 3種類。肉と米が絶品!

ポークスペアリブは 非常に柔らかく、清々しいほどの 骨離れの良さ。ガツンと肉肉しい中に、メキシカンっぽい香辛料が フッと香り、尾を引きます。

国産米のおこわは 100%もち米の、理想的おこわ。きのこの風味が上品で、かつ、ベシャつきが全く無く 米がモチッと立っており、 大変美味しかったです。


カシスオレンジ。



スイーツ。

ベリームース、マルキューズショコラ、タルトレットマロン、キャラメルケーキ、苺、柿。
冷蔵庫内の3種のスイーツと、チェックイン時にも頂いたキャラメルケーキ。苺と柿を添えて。

タルトレットマロンは アルコールを もわ~んと含んだ仕上がり。

しっとりしたダマンド生地に栗片、甘いメレンゲと合わさって、口の中が幸せ。

マルキューズショコラは 見た目通り、ねっちり生チョコ系。濃厚スイーツを お酒と一緒に頂くのはやはり最高ですね~。



シャンパングラスの中身が減ると、注ぎに来て下さり、調子に乗ってたくさん頂いてしまいました。(胃袋の丈夫さ同様、アルコール耐性も尋常ではないので、酔うことはありません。)

カクテルタイム終了後は、クッキーやドライスナックが置かれていました。


ティーサービス(19:30~22:00)






窓から外を覗くと、けやき坂イルミネーションが輝いていましたが、あいにくの雨模様。フロントで傘をお借りし、雨の中ちょっと散歩に出かけました。

次の記事に続きます。

【グランドハイアット東京】クラブフロア宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

宿泊記

Copyright© そう、これからだよね! , 2018 All Rights Reserved.