グランドハイアット東京『フレンチキッチン』朝食ブッフェ 2017年10月

0

投稿日:

六本木ヒルズ内、グランドハイアット東京の2階にある『フレンチ キッチン (THE FRENCH KITCHEN)』の朝食ブッフェへ行ってきました。

ブレックファスト ブッフェ
4,595円(税・サ込)

ペストリーコーナー。




















サラダ、和食など。


チーズ、ナッツ、ドライフルーツ。


スモークサーモン、コールドミート。




ミューズリー、ヨーグルト、ヤクルト。


フルーツ。


ジャンボンブラン。


エッグステーションのメニュー。


温菜いろいろ。








ご飯、味噌汁、点心。


シリアル。


サラダコーナーに、豆腐サラダ、きんぴらごぼうなどの和食がありました。
ペストリーや温菜は 今までと大きな変化はありません。


ミルクティー。



ブルーベリービネガー。






冷菜。

ドレッシングはかけず、サーモン脂&レモンで 野菜をモリモリ頂く贅沢!

こちらのスモークサーモンは 全朝食ブッフェで一番好きです。肉厚もっちり。


ペストリー。

中央列は 欠かさず頂く 抹茶パン、柚子メロンパン、ベーコンチーズクロワッサン。上下は季節替わりのペストリー。
マフィン&デニッシュが予想通り秋らしい顔ぶれで、10月に訪れて大正解でした!!(去年11月の訪問時はすでに冬メニューに変わっていたので。)

林檎のマフィンと、パンプキンマフィン。どちらも たっぷりの具が生地に馴染み、しっとり重みのある食感。

両者ともスパイス要素は無く、”甘煮”なイメージでした。
林檎のマフィンは 上面にアーモンドがカリッ、中に胡桃がコリッ、林檎がとろ~っ。
パンプキンマフィンは 蜂蜜煮のカボチャでしょうか、卵とバニラが香る生地に ねっとりとした具が合わさり、幸せいっぱいの甘さでした。

デニッシュ2種も秋らしく。
ジュワッと果汁が染み出す 葡萄デニッシュも美味しかったけれど、正直こちらは脇役になってしまいました。なぜなら、右隣の 安納芋のデニッシュがドストライクすぎる!

おびただしい黒胡麻&サクサクのデニッシュ地だけでも美味しいのに、中央に ぺっとりと鎮座し 存在感を放つ安納芋。

芋量はさほどでもありませんが、さすが安納芋と言える 濃い密感。生地とのバランスが良く、最高の菓子パンでした!


フレンチトースト。

エッグステーションでフレンチトーストを2枚オーダー。

外からメープルなみなみ、中は卵液ひたひた。いつもながら、とろける食感。

シナモンの魅惑的な香りも手伝い、何度頂いても飽きのこないお味。


温菜。

ハッシュドポテトもありましたが、ジャンボンブランが大きく、お皿に乗り切りませんでした。

どれだけ大きくても あなたならウェルカムです。甘い脂身が絶品。


和食、点心、カレー。

点心は野菜饅頭と海老餃子でした。ビーフカレーはやや塩っぱ目。


フルーツ、ミューズリー、モーンデニッシュなど。

袋入りはグルテンフリーマドレーヌ。少し粗目の舌触りながら、パサつきはなく美味しいです。

バナナブレッドは バナナというよりは 胡桃ケーキといった感じ。


ペストリー。

冷たい牛乳と お気に入りペストリー。

安納芋デニッシュ&パンプキンマフィンが 牛乳と恐ろしく合う。



柿&ブドウ。

フルーツコーナーには いつの間にか柿が登場していました。とっても甘い柿で、ついついおかわり。




以上。『フレンチキッチン』はパンケーキも大好きですが、炭水化物系が非常に充実しているので なかなか頂けません。秋のペストリー、とにかく最高でした!
季節モノに限らず、定番メニューにもお気に入りが多く、またしばらくしたら伺いたいです。

【グランドハイアット東京】朝食付宿泊プラン&口コミを今すぐチェック!

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

おすすめトピック

関連記事

関連記事

朝食ブッフェ

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.