セルリアンタワー東急ホテル『かるめら』カレーブッフェ 2018年5月

2

渋谷、セルリアンタワー東急ホテル1階にあるガーデンキッチン『かるめら』のカレーブッフェへ行ってきました。ゴールデンウィークとお盆期間に開催される恒例のフェア。

ゴールデンウィーク
カレーブッフェ2018

2018年4月28日~5月6日ランチブッフェ 3,500円(税・サ込)  ディナーブッフェ 3,800円(税・サ込)

ランチ・ディナーともに一休.comから予約可能

料理

シャルキトリーの盛り合せ オリーブ&ドライトマト、シューに詰めたスモークサーモンのムース、スモークマグロとアボカド グレープフルーツのサラダ、シーフードのフジリパスタのサラダ バルサミコ風味、かるめら風シーザーサラダ。

ミントとキューリのライタ、チェリートマト、グリーンサラダ。

オマールカレー、ポークサーグカレー、ビーフカレー、キーマカレー、チキンティッカ トマト風味のバターカレー。

12種類のコンディメント、パパド(インド煎餅)。

白米、ターメリックライス、バスマティーライス。

ナン、ミルクパン。

「かるめら特製スープカレー」のトッピング。

A4和牛ローストビーフ。

その他、ミネストローネスープもありました。


デザート

(チョコパンナコッタ)、プリン、イチゴヨーグルトパンナコッタ、葛きり、スープフリュイ。

ショートケーキ。

タルトフリュイ。

パウンドケーキ。

抹茶ケーキ。

プチシュー。

抹茶とパインナップルのスムージー、もちクリーム。

フルーツ。

わた飴。

ジュース。

料理やデザートの欠品は無かったと思います。
以下、実食編!


アイスティー

コーヒー・紅茶はオーダー制で、ブッフェ料金内。



カレーブッフェは 2015年夏以来ですが、新しい味わいが多く、楽しめました。
スープカレーを除く 5種のカレーを順番に。


オマールカレー

オマール海老のカレーは、2018年初登場だそう。
さらさらで具は殆どありませんが、海老の味わいはモーレツに広がります。身を楽しむというより、殻の香ばしさを楽しむ感じ。焼き海老や 海老せんに類する旨味というか、なんとも尾を引く お味でした。
バターの香りも後押しし、私はこのカレーが一番お気に入り!


チキンティッカ トマト風味のバターカレー

まずトマトの酸味が口いっぱいに広がり、第一印象は さわやか。後からスパイスが追いかけてきて、徐々に辛くなる味の変化が楽しめました。
食べ終えた時に、辛かった~と気付く系カレー。


ポークサーグカレー

ほうれん草などの野菜と ヨーグルトを使ったカレー。ルーは予想通りさっぱりタイプですが、豚バラ肉がゴロゴロと入っており、ボリューム感・こってり感も兼ね備えた一品でした。
スパイスは”いわゆるカレー”という感じではなく、異国情緒のある風味で好みは別れそうです。私はなかなか気に入りました。


キーマカレー

これは塩の味が強く、私の口には合いませんでした。
以前よりも、ひき肉率も下がったような。


ビーフカレー

やわやわ牛煮込みと、そのソース。

辛さは抑えられ、牛牛していて美味しい。

後になってしまいましたが、続いて前菜系。


前菜①

かるめら風シーザーサラダ、シーフードのフジリパスタのサラダ バルサミコ風味。
前菜は カレーに負けず、手が込んでいて美味しかったです。
かるめら風シーザーサラダは チーズが効いており◎。
シーフードのフジリパスタのサラダは やや油っこさは感じたものの、魚介とバルサミコ酢が染み染みで美味しい。


前菜②

シューに詰めたスモークサーモンのムース、スモークマグロとアボカド グレープフルーツのサラダ。
シューに詰めたスモークサーモンのムースは『坐忘』の「グジェール」と同じものだと思います。フィリングよりも、チーズ風味のシュー生地の香ばしさを楽しむ一品。

スモークマグロとアボカドは 漬けマグロ的なネットリ感&弾力があり、クリーミーなアボカドと相まって美味しい。また、グレープフルーツの爽やかさも好印象でした。


ミントとキューリのライタ

酸味系のヨーグルト。カレーの合間に食べるとさっぱりしてGOOD。


A4和牛ローストビーフ

カービングサービスのローストビーフは、きのこソースor和風ソースが選べ、両方オーダー。
和風は、いわゆる おろしポン酢。

きのこソース。
タイトルは「カレーブッフェ」ですが、”主役のカレー”を食いかねない ローストビーフのクオリティ。なんたって、サシがたっぷり入ったA4和牛。

肉食べてる~、というか、降りしきる霜(脂)食べてる~という感じ。牛脂がいける口としては、たまらない美味しさ!!
おかわり時は そこまで脂はのっておらず、部分によるムラはありました。とはいえ、この価格で これだけ美味しいローストビーフを頂けるお店は 貴重だと思います。『シェフズライブキッチン』のディナーで提供されるものに近い印象。)


主食

ミルクパン、パパド(インド煎餅)、ナン。
右上の パパドは 揚げ米菓(?)。お店で揚げているのか、良い意味で焼きムラ(揚げムラ)があり、香ばしくてハマりました。
ミルクパン朝食ブッフェの「パンオレ」と同じ生地でしょうか、もちもち・やわやわで、甘みがあって最高に美味しい。表面にパン粉があしらわれており、”焼きカレーパン”にアレンジも可。
ナンは 粉っぽくて今ひとつでした。


かるめら特製スープカレー

チキンブイヨンベースのスープカレー。具は後入れで、野菜、チーズ、温玉、ソーセージなどの中から 好きなものを選ぶスタイルでした。(以前の豆がたっぷり入ったものとは別物のようです。)
野菜の甘みがありながらも、スパイスと塩味はシャープで、結構辛い! 具に温玉をチョイスして大正解。


A4和牛ローストビーフ

先程よりも赤身がちでしたが、それでも柔らかくて美味しい。
ソースは 和風派!


さて、デザートタイムへ。



デザートはどれも自家製のようですが、”バイキング用のデザート”といった やや簡易的な作り。メインはカレーですし、期待を裏切らないくらいの美味しさはあります。


プチケーキ

ショートケーキ、タルトフリュイ、抹茶ケーキ、パウンドケーキ、プチシュー。
ショートケーキは 生地がふわふわで○。
タルトフリュイ(右上)は バターやアーモンドプードルは感じず、ドーナッツのような風味。植物油使用でしょうか。
プチシューは 店売りとは別物な印象でしたが、バニラ入りのカスタードは美味しかったです。


グラスデザート

スープフリュイ、葛きり、チョコパンナコッタ、イチゴヨーグルトパンナコッタ、プリン、抹茶とパインナップルのスムージー。
グラスデザート系も、”最高級”とは言えないものの、概ね美味しかったです。
葛きりは 汁が柚子茶っぽい味わいで、ちゅるんっと爽やか。
プリンは 弾力のある 古風な仕上がり。
イチゴヨーグルトパンナコッタは『坐忘』の簡易版(ライチゼリー無し)のようでした。


もちクリーム

もちクリーム(抹茶、マスカルポーネ)。
もちクリームは その場で好きなアイスを選ぶと、ホイップクリームやベリー、求肥をトッピングしてくれます。要は、”雪見だいふくのグレードアップ版”といったデザート。求肥は別に無くてもいいかな、という印象はありますが、添え物のベリーはとっても嬉しい。
マスカルポーネアイスは ベリーと相性が良く、気に入りました。

以下、おかわりタイム。



炭水化物系が美味しい。


アイスティー



以上。主役はカレーでありながら、サイドメニューも美味しく、期待を裏切らない内容でした。いずれも手作り感のある個性的なメニューで、また価格も比較的安く、貴重なイベントだと思います。
開催期間は各1週間程度と短いですが、予定が合えばまた伺いたいです。

やはりパンがとっても美味しく、朝食ブッフェにも再訪したくなりました!

【ゴールデンウィーク カレーブッフェ】3,500円


 コメント (2)