記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』抹茶デザートブッフェ 2018年5月

2

投稿日:

恵比寿ガーデンプレイス内、ウェスティンホテル東京の1階にある『ザ・テラス(THE TERRACE)』のデザートブッフェに行ってきました。

 

抹茶デザートブッフェ
2018年5月1日~6月29日 平日限定 4,759円(税・サ込)
SPG会員は10%OFFで4,283円


次回訪問


ザ・テラス2018年6月
抹茶デザートブッフェの記事はこちら

ブッフェ台

デザートアトリエコーナー

ニューヨークチーズケーキ、ほうじ茶のクレームブリュレ、リンツァーシュニッテン。

ミルクチョコレートとレモンのムース、キャラメルマンゴームース、なめらかプリン。

ティラミスタルト、チョコレートクリーム チェリーソース、リコッタチーズケーキ。

ラズベリー入り苺と桃のゼリー、抹茶のテリーヌプリン、マンゴープリン。

ストロベリーショートケーキ、甘夏みかんのゼリー、タルトアプリコット。

抹茶フェアコーナー

黒豆入り抹茶のクグロフ。

ホワイトチョコレートと抹茶のタルト、抹茶とアプリコットのタルト。

抹茶のフォンダン タイムの香り、抹茶とビターチョコレートのドームショコラ。


抹茶のクリームとアーモンドケーキ、抹茶風味のモンブラン、抹茶と黒豆の寒天。



抹茶とラズベリーのフール、抹茶のティラミス、抹茶とフロマージュのフラン。

抹茶とコアントローのチョコレートケーキ、ミゼラブル抹茶。

苺と抹茶のベリーヌ、赤いベリーと抹茶のトライフル。

抹茶のシュークリーム、抹茶のクリーム アプリコットと小豆のタンバル。

抹茶のブランマンジェと柚子のゼリー、抹茶2倍のクレームブリュレ、抹茶ミルク。

どら焼き。

アイスのメニュー

ドリンクのメニュー

軽食は、ちらし寿司が無くなった以外は ほぼいつも通リでした。

品切れに気付いたのは、下記の7品。
黒豆入り抹茶のクグロフ
抹茶のフォンダン タイムの香り
抹茶風味のモンブラン
抹茶と黒豆の寒天
抹茶とラズベリーのフール
ミゼラブル抹茶
いなり寿司

欠品が多く、モンブランが無くなってしまったのは特に残念。
途中から器が変わった品もありました。

実食

デザート①

抹茶のクリーム アプリコットと小豆のタンバル、赤いベリーと抹茶のトライフル、苺と抹茶のベリーヌ、抹茶ミルク。
抹茶のクリーム アプリコットと小豆のタンバルは 上層の白いクリームが 高乳脂肪な味わいで好み。甘さ控えめで、ちょっとクロテッドクリームっぽいような。綺麗な3層の中央に、ふっくら小豆、底にビスケットが入っており、味わいや 食感のバランスも良かったです。
赤いベリーと抹茶のトライフルは カシスやブラックベリーの力強い果実香に、コクのあるバニラクリームがマッチ。また、グラス側面の ビターな抹茶ソース(?)が味を引き締め、テラスらしい濃厚なデザートでした。
一方、苺と抹茶のベリーヌは ヨーグルトベースであっさり系。スムージーや、飲むヨーグルト系統。見た目は 「赤いベリー~」に似ていますが、両極な味わいで良かったです。
抹茶ミルクは 薄味でした。こちらの○○ミルクは、そもそも牛乳が薄い印象。(私はドリンクは最初の1杯のみしかオーダーしないので、”喉を潤す要員”として 美味しく頂きます。)


デザート②

抹茶と黒豆の寒天、抹茶のフォンダン タイムの香り、抹茶とラズベリーのフール、抹茶とフロマージュのフラン、抹茶風味のモンブラン。
左上の 抹茶と黒豆の寒天は 寒天がゆるゆるで瑞々しく、透明感のある味わいでした。抹茶スイーツというより、飲むお茶(煎茶)のよう。
中央上の 抹茶とラズベリーのフールは ラズベリーの果肉がゴロゴロ入っており、抹茶よりもそちらが主役という感じ。

抹茶のフォンダン タイムの香りは もっちり・とろ~りな 抹茶ホワイトチョコ。半生感があるというか、とってもフォンダンしてます。

抹茶とフロマージュのフランは すんごい濃チーズ。”常温に置いておいたクリームチーズ”といった舌触りで、重量感がありました。色ほど抹茶は感じず、味わいはやや単調に思えたものの、チーズ好きとしては外せない一品だと思います。

抹茶風味のモンブランは 緑の山部分は おそらく和栗がベースだと思いますが、抹茶の風味がよく効いており、抹茶餡のようにも感じました。抹茶ペーストに抹茶クリーム、さらに抹茶スポンジが苦味深く、”抹茶らしさ”は全デザートの中でNo.1だと思いました。


デザート③

抹茶のクリームとアーモンドケーキ、抹茶とビターチョコレートのドームショコラ、抹茶のティラミス、抹茶2倍のクレームブリュレ、抹茶のブランマンジェと柚子のゼリー。
中央上の 抹茶のティラミスは 黒豆が入っていました。マロンフェアのver.よりも、マスカルポーネが薄かったような。
右上の 抹茶のブランマンジェと柚子のゼリーは 柚子の主張にビックリ!顔を近づけただけでも 柑橘の酸味が伝わるくらい。ブランマンジェは潤い☆ふるるん系で、サッパリと頂けました。
右下の 抹茶2倍のクレームブリュレは 抹茶は言うほど濃厚ではなく、ビターさよりも まろやかさが勝る印象。こちらのブリュレは乳脂肪分が非常に高いので、2倍くらいじゃ勝ち目が無いのかもしれません。(クリーミー好きとしては、これも悪くありませんが。)
左下の 抹茶とビターチョコレートのドームショコラは 抹茶層も潜んでいますが、カカオの香りのほうが際立つ一品。

プラリネとカカオニブ、底のビスケットが それぞれ香ばしく、艶やかな見た目に反してゴツゴツ・ザクザクな感じが 素敵。

抹茶のクリームとアーモンドケーキは 上層のアーモンドケーキが実に美味しい。ぽむっっと不思議な弾力&密度があり、かつ、非常にきめ細かく、両手に持って パクパク食べたい。底に入っている 添え物(?)の小豆抹茶クリームが要らないくらい美味しい。

アーモンドケーキは かつて苺フェアで登場した こちらと記憶が一致しました。焼き菓子は避けがちですが、頂いて大正解でした。


デザート④

抹茶とコアントローのチョコレートケーキ、ミゼラブル抹茶、抹茶のテリーヌプリン、抹茶のシュークリーム、抹茶とアプリコットのタルト、ホワイトチョコレートと抹茶のタルト。
「抹茶」と名の付くものは、クグロフ以外は 制覇できました!

抹茶とコアントローのチョコレートケーキは 意外にも”オレンジケーキ”の印象が強かったです。リキュールの酒っ気がほんのり。
ミゼラブル抹茶は 抹茶とともに 糖度もプラスされているような。個人的には いつものココアのver.のほうが好きです。
抹茶のテリーヌプリンは たまに登場する「ボネ」の抹茶ver.、ソースは黒蜜でした。プリンよりもパンプディングに近いですね。

右の ホワイトチョコレートと抹茶のタルトは「抹茶のフォンダン」をより濃くしたイメージ。ベリーの酸味がいいアクセントでした。

抹茶とアプリコットのタルトは 抹茶生地に抹茶クリーム、底にアプリコットの酸味。

抹茶のシュークリームは たぷんたぷんの抹茶クリームを存分に楽しめる一品。


デザート⑤

なめらかプリン、チョコレートクリーム チェリーソース、ほうじ茶のクレームブリュレ、リコッタチーズケーキ、ティラミスタルト、リンツァーシュニッテン。
なめらかプリンは 本当に滑らか、そしてヤワ。こちらのカスタードプリンに関しては、カッチリver.よりも、今回のような ゆるゆるver.のほうが好き!
チョコレートクリーム チェリーソースは 滑らかでビターなチョコに、チェリー果肉の酸味がキュンキュン。お酒は効いていなかったと思います。
ほうじ茶のクレームブリュレは ほうじ茶の香ばしさはよく感じられたものの、やはりマイルドな高乳脂肪系。

ティラミスタルトは 下層のコーヒーケーキに 甘さの重心が置かれ、上層のクリームは甘さ控えめ。甘いコーヒーにクリームを浮かべた カフェモカ的なイメージ。ジューシー&ミルキーで美味しかったです。
リンツァーシュニッテンは みっちりなアーモンド生地&濃厚ラズベリージャムの リッチな組み合わせ。
リコッタチーズケーキは たまに登場する 小判型ver.に比べ、チーズ感が控えめな印象。


軽食

トマトとミートソースのキッシュ、鶏のから揚げ、昔ながらのナポリタン、フライドポテト。
トマトとミートソースのキッシュは 肉々しいというより、トマトがちの 酸味のきいた お味。こちらのキッシュ生地はドライ気味なので、ソース状のフィリングは相性が良かったです。


デザート⑥

赤いベリーと抹茶のトライフル、ラズベリー入り苺と桃のゼリー、苺と抹茶のベリーヌ、抹茶とビターチョコレートのドームショコラ、抹茶のクリームとアーモンドケーキ、抹茶のクリーム アプリコットと小豆のタンバル、ニューヨークチーズケーキ。
一番気に入ったのは 赤いベリーと抹茶のトライフル
期待値から大躍進だった品は 抹茶のクリームとアーモンドケーキ
ラズベリー入り苺と桃のゼリーは 桃の香りがよく効いていました。


デザート⑦

赤いベリーと抹茶のトライフル、シャーベット(パイナップルココナッツ&フレーズカシス)、抹茶とフロマージュのフラン。

以上

形様々な和食器も含め、良き抹茶フェアでした。
味わいは予想よりもクリーミー・丸みを帯びたものが多く、個人的にはもっと苦み走っていても可、だったかもしれません。
とはいえ、他のフェアに比べれば甘さ控えめで、種類を楽しみやすい内容だと思います。器の内容量が少なめなのも良いですね。

あちらこちらで抹茶フェアが開催されていますが、美味しさも魅せ方も やはりこちらは抜きん出ているのではないでしょうか。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

デザートブッフェ

Copyright© そう、これからだよね! , 2018 All Rights Reserved.