記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

ザ・キャピトルホテル東急『ORIGAMI』アフタヌーンティー&ジャーマンアップルパンケーキ 2018年5月

4

投稿日:

ザ・キャピトルホテル東急の3階にあるラウンジ『ORIGAMI(オリガミ)』のアフタヌーンティーへ行ってきました。今回は 前々から憧れていた「ジャーマンアップルパンケーキ」も頂きました。

アフタヌーンティーセット
“Capitol Grace”

5,000円(税・サ込)  ジャーマンアップルパンケーキ 1,300円(税・サ込)


ブッフェではありません。

ドリンク

ドリンクメニュー



ドリンクのメニューは今まで通り。


ホットシナモンスパイス

ホットシナモンスパイスは 甘さとスパイシーさがほどよく混ざった香りがお気に入りです。
今回は 他のドリンクは一切選ばず、こればかりリピート。

さて、楽しみな 重箱アフタヌーンティーセット。

アフタヌーンティーセット “Capitol Grace”


今回のメニューは2018年4月1日~6月30日の初夏ver.。
「一の重」にスイーツ、「二の重」にセイボリー、別スタンドでスコーンと冷製スープ、という構成。

まずはスコーン&スープから頂きます。

スコーンと冷製スープ


ベーカリーシェフおすすめプレーンとレーズン2種のスコーン(ジャム・メープルシロップ)、ミニグラスに入った本日の冷製スープ。
こちらのスコーンは 紅茶に合うというより”主食”というイメージ。ブリオッシュとパンケーキの中間のよう。


本日の冷製スープは コーンスープでした。とうもろこし以外の野菜エキスも感じる甘さ。

そして、お重のティーフード。


一の重・スイーツ


爽やかなキウイソースをかけて仕上げたなめらかな食感のブランマンジェ、抹茶の生クリームと大納言をもっちりとした食感の米粉のスポンジで巻き上げたミニロールケーキ、アマレナチェリーがアクセントのショコラピスターシュ、本日のミニエクレア、甘酸っぱい香りの青リンゴムース、抹茶白あんクリームのモンブラン、本日のプティフール。
初夏らしく 清々しい色彩の「一の重」のスイーツ。どこのお店も 抹茶フェア盛りですが、こちらは青リンゴにキウイにピスタチオと、味わい様々に緑色
名前が長いので、以下 短縮して書きます。


青リンゴムースは 爽やかさがありつつも、甘味寄り。シュワッと気泡の粗い食感で、フォークを入れる手応えも楽しい。


キウイソースのブランマンジェは 香りも食感も 杏仁豆腐そのものでした。ツルンッとした固さがあり、中華料理レストランにありそうな。


本日のミニエクレアは 酸味のきいたラズベリー味でした。
抹茶白あんクリームのモンブランは 抹茶はさほど主張せず、和風クリームタルト、という印象。

苦系に見えて、ミルキーな味わいでした。ペストリーショップver.はベリーのジュレが入っているらしく、そちらも非常に気になります。


ショコラピスターシュは ピスタチオのナッティーさがよく感じられ、まさに私が求めるピスタチオクリームという感じ。お酒の効いたチェリーが入っており、ショキッとした歯ごたえも また良かったです。
抹茶のミニロールケーキは シフォンケーキのように モチふわ。

甘さ控えめで、個人的には 秋の栗ver.よりも好みでした。これは1本食べたい!


本日のプティフールは フィナンシェ、オレンジ&チョコのマカロン、ホワイトチョコの黄色い玉、ギモーヴ。

続いて、食事系。

二の重・セイボリー


白身魚・海老・帆立のシーフードマリネ、甘酸っぱい野菜のピクルス、“キュルノンチュエ”のソルティなベーコンをまとったグリーンアスパラガス、フロマージュと生ハム コルニッション添え、香り高いスモークサーモンとさっぱりとしたきゅうりのマリネ、小芋のフリット、萬幻豚100%のソーセージを使ったミニホットドッグ、人参とキャベツのコールスローサラダ。
「二の重」のセイボリーは 全ホテルアフタヌーンティーの中で イチオシです。極めてシンプルでいて、それ故に引き立つ 洗練された味。


シーフードマリネは 揚げタイプながら、エスカベッシュや南蛮漬けのような酢っぱさは無く、まろやかで素材の甘さが感じられる味付け。特に 帆立の美味しさに感動しました。


ベーコンをまとったグリーンアスパラガスは ジューッと焼いたベーコンの香りがたまらない一品。シャキシャキのアスパラに スモーキーな肉の旨味が染み込んでおり、美味しかったです。


スモークサーモンときゅうりのマリネは 漬物風のキュウリがまろやかで、サーモンとよく合っていました。

フロマージュと生ハムは カマンベールチーズと、意外と面積(?)のある ギュウギュウの生ハム。


そして、最後まで取っておいたゴチソウ。
『ORIGAMI』のアフタヌーンティーといえば、毎回アラカルトメニューが1品含まれていますが、今回は 萬幻豚ソーセージのミニホットドック

ソーセージは ギッチリと肉が詰まっており、”噛みちぎる”ような固さがあります。しかし、サラミほどドライではなく、あふれ出る豚の旨味が 実に濃厚。
いやぁ~さすがに美味しかった!このソーセージ、1メートル食べたい。

アフタヌーンティーの内容は以上ですが、アラカルトメニューから「ジャーマンアップルパンケーキ」をオーダーしました。前々から いつか食べたいホテルグルメとして憧れていた品を、ついに…!!

ジャーマンアップルパンケーキ


ジャーマンアップルパンケーキ メープルシロップ、バターとともに
【税サ込 1,300円】

ミニサイズver.もあるとのことですが、こちらは通常サイズver.です。通常サイズver.のほうが絶妙な火の通りを楽しめてオススメ、とのこと。確かに、縁の生地が パリッとせり上がっていて美味しそう。


直径18cmのフライパンで作るらしく、周辺部分も入れれば直径25cmくらいでしょうか。大きいけれど、薄いのでペロッと頂けます。パンケーキというより、ガレットやクレープのよう。


中央にバターを落とし、フォークで満遍なく滑らせる。


バターが溶けたところで、メープルシロップを たら~り。


中心部は 高密度でモッチモチ。
端っこは 焼き餃子の羽根の如く メリメリ。
リンゴは”シンプルな焼きリンゴ”という感じで、メディアムレアに焼き上がった食感が良く、ほのかな甘みと 爽やかさを兼備。


アップルパイ的な甘さは無く、予想よりも ”素朴な 粉の芳ばしさ”を強く感じました。甘さはメープルシロップありきで、デザートにも食事にもなりそうな感じ。
特に、メリメリした周辺部分が 絶品。
シンプルさを突き詰めた美味しさは、まさに『ORIGAMI』らしい逸品でした。


以上

最もリピート回数の多いアフタヌーンティーです。
スコーンとスイーツは最上位とは思わないのですが、セイボリーがとにかく好き。季節ごとに変わるメニューに毎回心躍り、次回が楽しみで仕方ありません。

パンケーキも気に入ったので、絶対また食べます!

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

アフタヌーンティー

2018/12/24

パークハイアット東京『ピークラウンジ』シグネチャーアフタヌーンティー 2018年12月

新宿、パークハイアット東京の41階にある『ピークラウンジ』のアフタヌーンティーへ行ってきました。 シグネチャーアフタヌーンティー 4,968円(税・サ込) 一休.comから予約で4,500円~ 今回は 乾杯スパークリング付@4,968円プランを予約。

アフタヌーンティー

2018/12/15

セルリアンタワー東急ホテル『坐忘』アフタヌーンティー 2018年12月

渋谷、セルリアンタワー東急ホテルの1階にあるガーデンラウンジ『坐忘(ザボウ)』のアフタヌーンティーへ行ってきました。 トゥール・ド・アンサンブル ~アフタヌーンティーセット~ 3,682円(税・サ込) 一休.comからの予約でホテルブレッドのお土産付 公式の予約ページを見ると 結構空きがあるようですが、 一休.comのパンのお土産付きプランの予約枠は狭き門のよう。

ブッフェ(未分類) アフタヌーンティー

2018/12/11

ウェスティンホテル東京『龍天門』飲茶オーダーブッフェ「香港飲茶アフタヌーンティー」 2018年12月

恵比寿ガーデンプレイス内、ウェスティンホテル東京の2階にある広東料理『龍天門』の香港飲茶アフタヌーンティーへ行ってきました。 一般に言われるところの”アフタヌーンティー”ではなく、アフタヌーンティータイムに提供される飲茶オーダーブッフェ。つまり食べ放題です! 飲茶オーダーブッフェ 「香港飲茶アフタヌーンティー」 平日限定 4,637円(税・サ込) 公式HPからの予約で銘茶1種類特典付

アフタヌーンティー

2018/12/8

シャングリ・ラ ホテル東京『ザ・ロビーラウンジ』クリスマスアフタヌーンティー 2018年12月

シャングリラホテル東京の28階にあるラウンジ&バー『ザ・ロビーラウンジ』のクリスマスアフタヌーンティーへ行ってきました。 クリスマスアフタヌーンティー 2018年12月1日~12月25日 5,961円(税・サ込) 一休.comからの予約で4,200円~ 一休の割引プランは スイーツが一品減ります。 せっかくクリスマスなので、今回は正規価格プランを予約しました。

アフタヌーンティー

2018/12/1

ザ・ペニンシュラ東京『ザ・ロビー』フェスティブアフタヌーンティー 2018年11月

ザ・ペニンシュラ東京の1階にある『ザ・ロビー』のアフタヌーンティーへ行ってきました。 12月26日までクリスマス仕様です! フェスティブアフタヌーンティー 2018年11月15日~12月26日 8,073円(税・サ込) 一休.comまたはOZmallからの予約で6,210円

アフタヌーンティー

2018/10/13

アンダーズ東京『ザ タヴァン グリル&ラウンジ』ハロウィンアフタヌーンティー 2018年10月

虎ノ門ヒルズ内、アンダーズ東京の51階にある『ザ タヴァン グリル&ラウンジ』のアフタヌーンティーへ行ってきました。 10月のテーマは もちろんハロウィン。 ハロウィンアフタヌーンティー 2018年10月1日~10月31日 5,216円(税・サ込) 公式HPからの予約でオリジナルカクテル特典付 一休.comまたはOZmallからの予約なら5,200円で利用できますが、差額わずか16円でカクテル特典の付く公式HP予約が最もお得だと思います。 ブッフェではありません。

アフタヌーンティー

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.