記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』マロンデザートブッフェ 2018年12月

0

投稿日:

恵比寿ガーデンプレイス内、ウェスティンホテル東京の1階にある『ザ・テラス(THE TERRACE)』のデザートブッフェに行ってきました。
例年通り、クリスマスデザートも多数登場。

 

マロンデザートブッフェ
2018年11月1日~12月28日 平日限定 4,759円(税・サ込)
SPG会員は10%OFFで4,283円

ブッフェ台

デザートアトリエコーナー

大混雑で 全景撮れず。
以下、はアルコール入りデザート。

ニューヨークチーズケーキ、ラズベリーとブラッドオレンジのゼリー、りんごと柚子のムース

ホワイトチョコレートとイチゴのムース、ラズベリーとアーモンドのタルト、カスタードプリン

抹茶とクリームチーズのクリスマスタルト、オレンジのブランマンジェ、チョコレートとレモンのノエル

クレームブリュレショコラ、カマンベールチーズドーム、バニラのババロア

ストロベリーショートケーキ、マンゴーとグレープフルーツのゼリー、ガトーショコラ



マロンデザートコーナー

クリスマスプディング、マロンシャンティー

マロンクリームとスイートポテト、カシスとマロンのフール

マロンタルト、ミンスパイ マロンクリーム

キャラメルマロン、モンブラン~和、クリスマスマフィン

赤いベリーとマロンのズッパ、マロンとリンゴのタンバル

マロンペースト クランブル添え、モンブラン~仏

クリスマスティラミス、オレオショコラ マロンクリーム、ババロアマロン

フォレノアールマロン、ビッシュドノエルマロン

マロンとオレンジのプリン、クリスマスキャンディーバー





チョコレートフォンデュ、ホットチョコレート

16:30の時点で姿を消していたのは以下の6品。(序盤~中盤は補充が間に合っておらず、消えたと思ったら復活、という品もありました。)
マロンシャンティー
キャラメルマロン
マロンペースト クランブル添え
ビッシュドノエルマロン
マロンとオレンジのプリン
クリスマスキャンディーバー

アイスのメニュー

クレミア一覧(クリック展開)

ドリンクのメニュー

実食

デザート①

フォレノアールマロン、キャラメルマロン、赤いベリーとマロンのズッパ、マロンとオレンジのプリン
フォレノアールマロンは グリオットチェリーは不在(?)。いつものような酒っぽさも感じず、甘フワのマロンチョコケーキ、という印象。
キャラメルマロンは 3重のクリーム、そして粒粒&ドロリとしたシロップ漬けイチジクが入っており、コク深くて美味しい。
赤いベリーとマロンのズッパは ほぼベリー煮な 甘酸っぱい一品。たっぷりの果肉の中、粗刻みの栗の歯ざわりに異物感がありましたが、埋もれてしまうよりも個性的で良かったです。
マロンとオレンジのプリンは オレンジは表面のみ。下は 酒のよく効いた 大人のマロンプリン。

デザート②

マロンとリンゴのタンバル、クリスマスティラミス、ババロアマロン、カシスとマロンのフール
マロンとリンゴのタンバルは 粘度の高いマロンペーストと対照的に、リンゴ果肉はサクリとキレのある歯ざわり。カッテージチーズの塩気がアクセント。
クリスマスティラミスは マスカルポーネクリームが固めでコクがあり、そこにアーモンドプラリネとカカオニブがザックザクと絡みついて美味しい~~。今回は 私の好きな”酒要素”はあまり感じませんでしたが、チーズチーズした重たい口当たりにグッときました。
ババロアマロンは モフモフとした固めのババロアと ジューシーな苺果肉&ソースの組み合わせで、水分バランスがちょうど良かったです。
カシスとマロンのフールは カシス支配系ではなく、甘いマロンクリームの中に、時折プチっプチっと アクセントとして効いてくる感じ。カシスよりも、どちらかというとオレンジの果実香のほうが存在感がありました。



デザート③

モンブラン~和、モンブラン~仏、マロンペースト クランブル添え、マロンクリームとスイートポテト、マロンシャンティー、マロンタルト、抹茶とクリームチーズのクリスマスタルト
夢の うねうねスイーツ盛り合わせ!!
モンブラン~和(左上)マロンペースト クランブル添え(中央左)マロンシャンティー(中央右)の3品は、一緒くたに”和栗デザート”と認識しましたが、写真を見て ペーストの色が微妙に違うことに気付き、品種や配合に差があるのかも、と思えてきました。もっとちゃんと味わえばよかったです。

記事の構成がまどろっこしいですが、下段から順番に感想を。

下段


マロンタルトは 先々月のモンブランタルトよりもマロンがユルく、甘めな印象。ダマンド生地のしっとりキメ細かな肌質、それと対照的に 外側のクッキーがゴツい系で素敵。


抹茶とクリームチーズのクリスマスタルト去年に比べ抹茶度がupしたような。ミルキーさの中に 明確な苦味もあり 美味しい。土台はマロンタルトおそらく一緒です。

中段


マロンペースト クランブル添えは モンブランの 上っ面だけ食べたい人用。


マロンクリームとスイートポテトは 芋粘度ハンパ無し!!栗は負け気味で、これは芋単でも良かったかも。酒マークは付いていませんでしたが、私には酒の味がしました。


マロンシャンティーは ふわふわしていそうな名前とは裏腹に、全デザートで一番の濃栗、に感じました。中心部の和栗ペーストがとんでもなくヘビーで、半・練りきりのよう。(写真に写っていませんが、ココット底に 深茶色のマロンペーストもへばりついてます。)

上段


モンブラン~和は 『ウェスティンデリ』のスペシャルモンブランの精巧なミニチュア版、に思えます。和栗ペーストに クリームに 酒じゅわスポンジ。(最近頂いた「スペシャルモンブラン」は酒がややキツめに感じましたが、こちらも同じ印象でした。)


モンブラン~仏は 焼きメレンゲが結構な割合を占めており、栗よりも甘さが先行する味。どこかカルメ焼きっぽい。


デザート④

ビッシュドノエルマロン、チョコレートとレモンのノエル、ニューヨークチーズケーキ、ミンスパイ マロンクリーム、カマンベールチーズドーム
カマンベールチーズドームは 12月の定番品ですね。ねっとりチーズクリーム×強固なビスケットの相性が抜群!スイーツディップっぽいというか、おつまみ感があって大好き。
チョコレートとレモンのノエルは 中心部は いわゆるレモンカードでしょうか。チョコが濃い分、レモンの酸味がピッと走りました。


ミンスパイ マロンクリームは スパイスやドライフルーツの濃度はさほどでもなく、栗がけアップルパイという印象。パイ生地サクッサク!


ビッシュドノエルマロンは やわらかなスポンジ×口溶けの良いマロンクリーム。重そうに見えて、スッと舌から身をひく潔さで、意外にもスイスイ食べられる感じでした。


デザート⑤

ストロベリーショートケーキ、クリスマスキャンディーバー、ホワイトチョコレートとイチゴのムース、ラズベリーとアーモンドのタルトクリスマスマフィン
クリスマスキャンディーバーは 表面の薄チョコがピキッとひび割れる食感が好き。中はやわらかく口溶け良し、存外ビターなのも良し。
ホワイトチョコレートとイチゴのムースは まろやかな甘酸っぱさ、ピスタチオ生地のキュッキュッとした食感がお気に入り。


クリスマスマフィンは 生姜シナモン風味むんむん。ミンスパイ以上に”ミンスみ”を感じました。ドライフルーツがたっぷり入っているのに 生地もドライ目で、ちょっぴりパサつきが気になりました。


軽食

昔ながらのナポリタン、フライドポテト、唐揚げ、モッツァレラチーズとハムのキッシュ
軽食は いつもの面々でした。


モッツァレラチーズとハムのキッシュは 伸~るチーズが高得点。


デザート⑥

クリスマスティラミス、カシスとマロンのフール、赤いベリーとマロンのズッパ、マロンクリームとスイートポテト、ラズベリーとブラッドオレンジのゼリー、カマンベールチーズドーム、抹茶とクリームチーズのクリスマスタルト
今回のMVPクリスマスティラミス
「キャラメルマロン」も非常に気に入りましたが、中盤から姿を消してしまい、美味しさの再確認ができなかったのが残念。多分あれが準MVP
右のラズベリーとブラッドオレンジのゼリーは ジューシーな酸味が心地よく、こってりした冬デザートの中で ナイスな存在でした。


デザート⑦

ラズベリーとブラッドオレンジのゼリー、クリスマスティラミス、モンブラン~和、モンブラン~仏
モンブラン和・仏も再度。私は派!

以上

栗デザート(特に和栗系)の味の違いは 私にはちょっと難易度が高く、”似たような品が多い”という印象を受けましたが、ああ~、全体的に美味しかった!という結論に達しました。
12月といえば、フェア関係無しに ティラミス、カマンベールドーム、ブッシュドノエル、ホワイトチョコのムースが 毎年確実に登場するのが 個人的に嬉しいです。
しかも、今年のティラミスは 特に好みの味だった!!!

ただ、気になるのは、アトリエコーナーのデザートが若干 手抜きっぽくなっている点。
最近は、フェアコーナーに手の混んだデザートを、アトリエコーナーには シンプルなデザートばかり回している印象があります。(以前は2種類あったホールムースの内1枠は 焼きっぱ系のタルトに、また、ガトーショコラやボネなどの大量生産可能デザートの登場率が増えたような。)
ランチ・ディナーのファンでもある私としては、これは大変残念です。

20102012201420162018
クリックで写真展開。

とはいえ、”デザートが魅力的なホテル”としては、私の中で まだまだ上位に位置する存在。
これからも、ウェスティンのケーキ いっぱい食べたいです。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

デザートブッフェ

Copyright© そう、これからだよね! , 2018 All Rights Reserved.