記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

ザ・キャピトルホテル東急 クラブフロア宿泊記 パート〔3〕 2018年5月

2

パート〔2〕から引き続き、ザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア宿泊記。

ザ・キャピトルホテル東急
クラブフロア宿泊記 パート〔3〕


この記事は、部屋食&ライブラリーラウンジの朝食編。


カクテルタイム後のラウンジからお部屋に戻り、また食べる。
ルームサービスで、インドネシア風フライドライスをオーダーしました。


インドネシア風フライドライス

【税サ込 2,650円】
『ORIGAMI』で頂くと 税サ込 2,500円
本来は目玉焼きは1つですが、2つにしていただき、2人でシェアしました。
『ORIGAMI』伝統メニューのひとつだそうで、以前から食べたかったのです!

いわゆるナシゴレン。
バターでよく炒めた玉葱の甘みが ご飯に絡み、優しい・懐かしい 炒飯、といった味わいです。
右上の味噌(?)は ヒィーっと辛く、ここに”インドネシア要素”が凝縮されているような。ご飯に ちょんっと乗せるだけで、味わいが変化して美味しい。

具は 大きな海老、鶏肉、ハム。ケチャップを混ぜたら、以前頂いたオムライスの中身に近い感じ。

とても美味しかったけれど、直前にラウンジで頂いたビーフピラフを上回ることはありませんでした。
いや、こちらが決して期待外れだったわけではなく、ビーフピラフが強すぎた。(あのピラフはルームサービスには無いようです。)

デザートは3階『ORIGAMI』で購入した抹茶モンブラン。地下のブティックにも売っていました。


抹茶モンブラン

【税込 650円】
サザエの肝のようですが、甘くて瑞々しいケーキ。
抹茶ペーストは ゆる目で苦味はなく、抹茶水羊羹、といったところ。
抹茶クリームに大納言、中に 赤いベリーの層があるのが特徴的です。

説明には”フランボワーズのジュレ”とあり、和と洋の融合系の品かな と予想しましたが、赤い部分は”苺寒天”というイメージで、意外にも和に徹した味わいでした。
苺大福とか、水羊羹とか、そっち系。

こんなにライトなケーキだったら、ラウンジでもっとケーキを食べておいても良かったかも。(もっと重たいものだと、構えていました。)
とはいえ、味自体は美味しく、見た目とのギャップも楽しかったです。



翌日、『ORIGAMI』での朝食ブッフェ後、ラウンジの朝食も覗きに行きました。
あくまでも”ティータイム”という体のようですが、以前よりも朝食らしいメニューが増えていました。


ティータイム 朝食編(7:00~10:00)

ペストリー。

フルーツ。

サラダ。

シリアル、ヨーグルト、ボイルドエッグ、チーズ。

飲むヨーグルト、温州みかんジュース、長野県産りんごジュース。

『ORIGAMI』の朝食ブッフェが選べるので、ラウンジ朝食はあまり需要はないようにも思えます。私が伺った時間には、利用者は誰もいないようでした。
しかし、フルーツとジュースは特別メニューとなっているようで、朝食後にこちらで余韻に浸るのもアリかと。


アイスカフェラテ


イチジク、チェリー

イチジクは出回り始めたばかりのものでしょうか、非常に甘くて美味しかったです。

貸し切り状態のラウンジで 完熟イチジクとは、贅沢です…!

10:00からは前日同様、バナナブレッドなどのペストリーやチョコレートが並びます。



チェックアウトは柚子ソーダを頂きながら。


バナナブレッドにはクロテッドクリームを付けて。



以上。規模の小さいラウンジですが、少ない枠の中で かなり大盤振る舞いしている印象です。浅く広く 様々な品が並ぶホテルよりも、個人的には気に入っています。

ドリンクのサービスもいつも素晴らしく、また、朝食に『ORIGAMI』が選べるのも 大きな魅力ですね。
なんたって美味しいホテル、大好き。

【ザ・キャピトルホテル東急】クラブフロア宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

宿泊記 ホテルスイーツ

Copyright© そう、これからだよね! , 2018 All Rights Reserved.