アンダーズ東京 宿泊記 パート〔1〕 2017年6月

0

投稿日:

アンダーズ東京に宿泊しました。宿泊記を2記事に分けて綴ります。
 
アンダーズ東京 宿泊記 パート〔1〕

この記事は、ホテル館内&アンダーズラウンジ編。

 
「ぼく、トラのもん。」


 
1階からのエレベーター内には、魚のレリーフ。

 

 

 

 

いつも素敵だなぁと眺めていましたが、写真を撮ったのは初めてです。(エレベーターを利用するたびにちょっとずつ集めました。これが全てではありません。)


他にも、特徴的なオブジェが色々。

 

 

 

 

 

アンダーズ東京には宿泊ゲスト専用ラウンジがあり、チェックインはこちらで行います。24時間ソフトドリンクサービス、簡単なフードの提供、夜はワインのフリーフローもあり。いわゆるクラブラウンジほどの設備ではありませんが、お部屋のグレードに関係なく 無料で使える、というところがポイント。


アンダーズラウンジ(24時間営業)
 

 

 
雑誌や新聞、

 
お菓子もいくつか。

 
飲み物はドリンクバー形式で自由に飲むことができます。冷蔵庫内もフリー。

 
アイスコーヒーはグランドハイアット東京製造のラベルが。

 
この他、烏龍茶、アセロラドリンク、野菜ジュースなどもありました。


 
温かい紅茶を頂きながら、チェックインの手続き。

 
かりんとうと、名糖のチョコレート。

夕方6時からは、アルコールとおつまみが提供されます。


イブニングカクテル(18:00~20:00)
 

 

 
アルコールは、赤・白ワインが1種類ずつと、日本酒の「すず音」。
口コミでは、「この時間は大混雑でおつまみは争奪戦」とのことでしたが、この日は空いていたのか全くそんなことはなく、18:20時点では利用客はまばらで 補充も十分でした。

 
『BeBu』のディナーを予約していましたが、無料特典とあらば一通り頂きます。
おつまみの内容も事前学習とは異なり、カナッペ1種類のみと思っていたら、結構豪華!

 
ビシソワーズはやや油っこい仕上がりでしたが、バターたっぷりで私好みでした。
コールドビーフは無料とは思えないクオリティ。先日のブランチブッフェよりも良いように思いました。
 
分厚く肉肉しく、ステーキ醤油的なタレも美味しい。丼にしたい。

 
日本酒の「すず音」は、スパークリング甘酒、という感じ。

翌朝はクロワッサンとアップルパイ、ジュースが用意されていました。


朝食(6:00くらい~)
 
朝食無しの宿泊プランでも、ちょっとした腹ごしらえはできそうです。しかし、せっかく宿泊するなら『アンダーズタヴァン』の朝食ブッフェが絶対オススメ!!

フィットネスクラブのプールも利用しました。


AOスパ&クラブ(05:00~22:00)
 

 
こちらも全宿泊者が無料で使えます。キャップ・ゴーグルは無料、それ以外は有料レンタルです。

 
プールは20m×6mと細身ながら、黒基調で水面が鏡のように見え、今までのどこよりも素敵!!

 
ロッカールームにはクレンジング、化粧水はありましたが、乳液は見当たらず。探していたところ、ちょうど居合わせたスタッフの方が用意して下さいました。

 
フルーツ、ドライフルーツ、ナッツ、シリアルバー。冷蔵庫内にはレモン水などのドリンクがあり、全てご自由に、という太っ腹スタイル。

 
奥にはリラクゼーションエリアがあり、雑誌とマッサージチェアがあります。

 
ナッツをつまみつつ、リラックスタイム。

 
左下の白いものは、用意していただいた乳液です。クレイジーソルトのような美味しい匂いがしましたが、食べるな危険。


 
夜更けに最上階を散歩したら、可愛いオブジェがありました。輝く東京タワーもバッチリ見えます。

 


次の記事に続きます。

【アンダーズ東京】朝食付宿泊プラン&口コミを今すぐチェック!

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

関連記事

関連記事

宿泊記

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.