アンダーズ東京『アンダーズ タヴァン』アフタヌーンティー 2017年6月

0

投稿日:

虎ノ門ヒルズ内、アンダーズ東京の51階にある『アンダーズ タヴァン(ANDAZ TAVERN)』のアフタヌーンティーへ行ってきました。
 
Sweet Afternoon Tea Set
4,844円(税・サ込)
OZmallからの予約でカクテル特典付

※ ブッフェではありません。

 
これ好き。


ノンアルコールカクテル。
 
OZmallの予約特典のカクテルは、ノンアルコールにしてもらいました。パイナップル×ライムの濃くて爽やかな味わい。
一休.com からも予約可能ですが、特典が付くのはOZmallだけのようです。


ドリンクメニュー。
 
ドリンクはその場で1杯ずつ注いでくれます。おかわり・飲み替えも可能。


ローズヒップ&ハイビスカス。
 

 

 


こちらのアフタヌーンティーは、スイーツとセイボリーが半分ずつ楽しめるセット、スイーツ尽くしのセットの2種類あり、今回は後者を予約しました。どちらのセットにもスコーンが付きます。


3段のティースタンドは、1人1台ずつ。
 
セイボリー付きのほうはスイーツが6個ですが、こちらは14個!

 

 


上段。
 
スイートロリポップ、スイートジャー“モンブラン”、季節のフレッシュフルーツタルトレット、チーズケーキタルト レモンバニラクリーム、クレームブリュレ ストロベリームース。
テーブルに置かれた芝と おそろいのミニ芝が可愛い。

スイートロリポップはチョココーティングのケーキで、見た目よりも食べ応えアリ。黒い方は柔らかいピスタチオケーキ、白い方はカステラのような固めのケーキでした。
 
スイートジャー“モンブラン”はマロンペーストが非常に粘り強く、激甘。栗らしいというよりは、水飴っぽいというか餡っぽいというか。ゼリーには酸味がありますが、わりと甘みも強く、とにかく甘いジャー。
 
可愛らしいミニタルト3種。極薄い土台はサクサク感はなく、各フィリングがたっぷり楽しめる感じ。
季節のフレッシュフルーツタルトレットはフィナンシェのような柔らかケーキに、苺カスタード生クリーム。
チーズケーキタルト レモンバニラクリームは空気を含まない ねっちり練りチーズと、甘さ控えめのレモン生クリーム。チーズチーズしていてとても好み!
 
クレームブリュレ ストロベリームースは濃厚カスタード、まったりとした苺ムースの組み合わせで、苺みるくプリン、なイメージ。”ブリュレ”とは全く違う印象ですが美味しかったです。


ほうじ茶。
 


中段。
 
季節のエクレアセレクション、ピスタチオクリーム パート ド フリュイ サブレ、チョコレートケーキ ラズベリーガナッシュ、洋ナシ&キャラメルムース、チョコレートフィナンシェ ガナッシュ。
アンダーズ東京といえば、エクレア。ペストリーショップでも販売しており、週末のブランチブッフェでは同じものが食べ放題です。
 
この日の季節のエクレアセレクションは、新茶、塩キャラメル、ピスタチオ、ビターチョコ。
イチオシは塩キャラメル。(ブランチブッフェの記事に”塩キャラメル的なクリーム”と書きましたが、合ってた!)
新茶はいわゆる”抹茶スイーツ”ではなく、煎茶らしい渋みや香ばしさを感じました。
 
エクレア以外もしっかり美味しいです。ギュッと酸味が凝縮されたピスタチオクリーム パート ド フリュイ サブレを除き、どれも甘くて濃厚な印象。


下段。
 
自家製スコーン プレーン&オレンジ、クロテッドクリーム ハニー 季節のフルーツジャム。
下段には2種の自家製スコーン
クッキー系とは遠く、いい意味で粉っぽい。モッサリ。ほっこり。
 
プレーンには、重みのあるクロテッドクリームとブルーベリージャム。
 
オレンジピールが練り込まれた方には、蜂蜜を合わせて。


カフェラテ。
 



以上。スイーツ尽くしとはわかっていたものの、予想よりも甘党仕様でした。甘さを控えた、酸味を利かせた、というよりは、結構シッカリと甘い感じ。甘いモノどんどんウェルカムな私には大満足で、こちらにして良かったと思います。

『アンダーズ タヴァン』アフタヌーンティーの予約はこちら↓
【OZ限定★季節のカクテル付き】スウィーツ尽くしのアフタヌーンティープラン★4844円

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

関連記事

関連記事

アフタヌーンティー

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.