ザ・ペニンシュラ東京『Peter』ランチブッフェ 2016年6月

0

投稿日:

ザ・ペニンシュラ東京の24階にある『Peter (ピーター)』のランチブッフェへ行ってきました。平日ランチは前菜・デザートブッフェ&メイン料理一品選択式。
予約サイトによって価格や制限時間が異なるようですが、最安値は一休.comの3,500円/90分制プランだと思います。今回はデザートブッフェを15:00まで利用できる5,500円のプランを予約しました。
 
前菜&デザートブッフェ付きランチ 平日

通常は 5,520円(税・サ込) /2時間制
OZmallからの予約で 4,370円/2時間制
一休.comからの予約で 3,500円/90分制 ・ 5,500円/時間制限なし

※ OZmallの場合はメイン料理は選べず、「本日のパスタ」になるようです。

サラダエリア。コールドミートやチーズも並びます。
 

 

 

 

フォカッチャ、パン。
 

前菜エリア。肉・魚介を使ったマリネなど。
 

 

デザートエリア。




 

 

 

 

メイン料理のメニュー。
 


 


前菜 パート①。
 
タイ風ローストビーフサラダ スパイシーチリソース、ベビー帆立と蛸のアイオリソース、ビーツと胡桃とブルーチーズのサラダ、シーフードパスタサラダ、ローストした色とりどりな人参のサラダ クミン風味、キノコのマリネ、スモークサーモン。
肉&魚介たっぷりの前菜エリアから。どれも素材の良さを感じます。
ビーツと胡桃とブルーチーズのサラダは柔らかめのビーツがねっとりとブルーチーズと合わさり、塩気も和らげていてGOODでした。
 
タイ風ローストビーフサラダ スパイシーチリソースは生マンゴーが極甘!ビーフは塩っぱめなので、マンゴーの甘味が凄~く合います。パクチーの風味がさらにツボ。


前菜 パート②。
 
サラダ・コールドミート各種、ローストポークと林檎のサラダ レモンマスタードドレッシング、タンドリーチキンサラダ ヨーグルトソース、モッツァレラチーズ トマト 葡萄、ムール貝のサフランオレンジビネグレット。
前菜エリアは生フルーツを使ったメニューが多くありました。
ローストポークと林檎のサラダ レモンマスタードドレッシングはとろける豚脂にサクサクリンゴ。
 
ムール貝のサフランオレンジビネグレット
 
カプレーゼには生ブドウが添えてあります。このモッツァレラチーズがまたもっちりコシがあって美味しいわけです。


前菜 パート③。
 
トルティーヤチップス、アンチョビ、気に入った品を再度。


パン、フォカッチャ、チーズ。
 
グルテンフリーの食パンもありました。
どれも柔らかくモチモチ、特にフォカッチャの餅っぷり!!

 
即おかわり。
 
ちぎると繊維がもっち~っと伸びて、ポンデケージョのような食感。A4サイズ食べたい。

メイン料理はメニューから1人1品ですが、チキンとポークをシェアしました。


ローストチキン。
 
Peter風ローストチキン スパイスの香る色とりどりの人参とレモン。
 


ポークのグリル。
 
ポークロースのグリル ルビーポテトとキャラメリゼした玉ねぎ バジル香るピストーソース。
 
それぞれスパイス・バジルの良い香り。味は香りほどクセがなく、どちらもジューシーで柔らかです。

メイン料理を食べ終わると、デザートエリアのすぐ横のバースペースへ。(今回予約したのがそういうプランでしたが、通常は席替えは無いと思います。)

 


アイスティー。
 
ドリンクも料金内です。お替わりは1杯まで対応で、種類の変更もできるそうです。


 
ちょっとゴチャゴチャしてしまいましたが、これで全種類。チョコレートは入れ替わりで様々なものが出ていました。


デザート パート①。
 
メープルパウンドケーキ、ブルーベリークランベリータルト、フルーツタルト、ショートケーキ、チョコレート、チョコレートケーキ。
ランチのデザートとしてはバリエーション豊富で良かったです。
チョコレートケーキは見た目よりも軽い食感。
 
ブルーベリークランベリータルトメープルパウンドケーキはしっとり水分を含んだ口当たり。
 
ショートケーキは まず完熟イチゴの甘さに驚き。酸っぱさのかけらもありません!生クリームもとても上質で、ほわほわスポンジとともに口に入れると溶けて消えます。


デザート パート②。
 
チーズケーキ、トロピカルパンナコッタ、マンゴープリン、クレームブリュレ、フルーツサラダ、オレンジゼリー。
生フルーツをたっぷり使ったグラスデザートたち。
店員さんのイチオシはマンゴープリンだそう。ペニンシュラのマンゴープリンは有名で、この間見たホテル情報誌にも載っていました。
 
物凄く甘~いマンゴープリンです。添加した甘味ではなく、完熟マンゴーを濃くしたような甘味。これは有名になるのも頷けます。
 
クレームブリュレはゆるめの仕上がりで、バニラビーンズがぎっしり。『ラ・モーラ』のブリュレと似ていて私好み。
 
チーズケーキはスフレタイプです。スプーンを入れると しゅわっ!口に入れるとネットリ絡みつくクリームチーズ。


デザート パート③。
 
シュークリーム、フロマージュムース。
フロマージュムースは甘い泡。オレンジの味は強かったけど、ピンク色の部分はよくわかりませんでした。
 
シュークリームはキャラメルクリームとカスタードクリームのWです。ショートケーキの生クリームといい、クリームがどれも美味しい!

以下お替わりタイムです。


 
中央のフルーツタルトはカスタードクリームと苺クリームのWでした。器のクッキーがカリッとしていて◎!
 


アイスティー。
 
ラストは2杯目のアイスティーで〆。
氷が限りなく透き通っていて、ちょっと感動。



以上。前菜・デザートとも、完熟フルーツを使ったメニューが印象的。メイン料理を含め、どれも洗練されたお味です。個人的に、ハイクラスホテルのランチブッフェの中では、肉もケーキもガッツリ食べられる『フレンチキッチン』が一番お気に入りですが、デザート重視の方にはこちらの方が合うと思います。
このクオリティで朝食ブッフェもあったらいいのになぁ…。

『Peter』ランチブッフェの予約はこちら↓
【平日限定】前菜・デザートブッフェ 3,500円/90分制
【平日限定】前菜・デザートブッフェ 4,370円/2時間制
【平日限定】前菜・デザートブッフェ 5,500円/時間制限なし

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

おすすめトピック

関連記事

関連記事

ランチブッフェ

パークハイアット東京『ニューヨークグリル』ランチブッフェ 2020年2月

新宿、パークハイアット東京の52階にある『ニューヨークグリル』のランチブッフェへ行ってきました。 前回より4ヶ月ぶりです ...

ランチブッフェ

ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』ランチブッフェ 2019年12月

恵比寿ガーデンプレイス内、ウェスティンホテル東京の1階にあるオールデイ・ブッフェレストラン『ザ・テラス』のランチブッフェ ...

ランチブッフェ

© 2020 そう、これからだよね!