ハイアットリージェンシー箱根 宿泊記 2019年7月

4

箱根は強羅の高級ホテル、ハイアット リージェンシー箱根 リゾート&スパに宿泊しました。
すでに投稿済みの朝食ブッフェを除く 雑記&写真を、一記事にまとめてお送りします。

ハイアットリージェンシー箱根 宿泊記


ハイアットリージェンシー箱根へ


小田原駅からバスでおよそ40分
お土産屋さんが立ち並ぶ箱根温泉街から結構離れ、思ったよりも山の中にありました。

そう、引きこもりステイにはもってこいのホテル


東京都内のハイアット系ホテルは 何軒か宿泊済みですが、ハイアットリージェンシー箱根は初訪問です。


12:00~アフタヌーンティーの最中、”部屋の準備完了・いつでもチェックインしてね!”という旨の声掛けがあり、予約していた15:00よりも はるか早い時間に 部屋に入れました。
なんという好対応!

マウンテンビューツインルーム

客室は全80室と キャパは大きくないものの、最小ルームでも56平米という広さです。
今回私が予約したのは、56平米の「マウンテンビューツインルーム」。


機能美重視のサッパリした内装です。


ベッド。


外の緑が反射する ピカピカのデスク。


電源と電話。


イスとサイドテーブル。


テレビ。


茶器とティーバッグ。
プーアール茶があるのが珍しい。


ネスプレッソマシン。


ミネラルウォーター。
ここまでは無料、冷蔵庫内のドリンクや お菓子類は有料です。


クローゼットには、2色の浴衣、上着と巾着袋が入っていました。


白い浴衣は 寝間着用。
クリーム色の浴衣は 館内出歩き用で、浴衣を着たままレストランに行ってもOKとのこと。


同じく館内出歩き用の下駄。


こちらは室内用のスリッパ。


バスルーム。


箱に入っていたアメニティ。


浴室&洗面台からかき集めたバスアメニティ。
メーカーは カナダの『PHARMACOPIA』。


”足りないものがあったらオーダーしてね!”というリストもありました。


部屋の角から、バルコニーへ。


おお、マウンテンビュー!!
この部屋は2階ですが、山の上なので 視界がひらけています。


よく見ると、大文字焼きの後が。

温泉施設『IZUMI』


宿泊者は 大涌谷源泉の温泉大浴場が無料で利用可能
歯ブラシなどのアメニティ全般、シャンプー・リンス、タオルや基礎化粧品も揃っており、浴衣を着て手ぶらで行けばOK!

だだっ広い浴槽がひとつあるのみで、露天風呂はありませんが、肌当たりがまろやかな 良いお湯でした。

2ページ目へ続きます。

次のページへ >

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

関連記事

関連記事

宿泊記

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.