記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

ホテル椿山荘東京『みゆき』オーダーブッフェ「味めぐり30選」~秋の味覚~ 2018年9月

8

投稿日:

ホテル椿山荘東京の2階、日本料理『みゆき』のオーダーブッフェへ行ってきました。

オーダーブッフェ
味めぐり30選~秋の味覚~

2018年9月18日~11月14日 11,000円(税・サ込)
一休.comからの予約で9,800円


次回訪問


みゆき2018年11月
味めぐり30選~冬の味覚~の記事はこちら

鰹の一番出汁と先附

オーダーブッフェの前に、一番出汁先附が 自動的に提供されます。

鰹の一番出汁

鰹節の澄んだ美味しいところだけを頂く感じ。
煮物系は全てこちらがベースです。


先附

この日の先附は 枝豆豆腐


葛で固めた もっちりタイプの豆腐。
混ぜ込まれた枝豆片と つゆの塩加減が相まって、 何とも言えない豆豆した味。


ほうじ茶

無料サービスの ほうじ茶。
おかわりもできます。

味めぐり30選~秋の味覚~

食べ放題のメニュー


メニューはだいたい2ヶ月おきに変わり、
今回は9月18日~11月14日のver.。

この中から、好きなものを好きな順番で食べ放題

秋のおすすめ


まずは「秋のおすすめ」の冷菜4品。
冷菜は提供が速いので、いつも真っ先にオーダーします。


刺身湯葉

ヤワヤワな口当たりの湯葉。


帆立と胡桃とチーズの白和え

私の好きな”甘いおかず”。
白いソースは、サワークリームの酸味がありつつ 糖分も結構入っているように思います。
表面だけちょっと固い セミドライな帆立がまたツボ。(去年の酒の効いた味付けとは別ベクトルの美味しさでした。)


焼き茄子

生姜味でスッキリ。


松茸と春菊のおひたし

MIXキノコ・松茸入りという感じ。個人的には、松茸だけの旨味よりも ふくよかで気に入りました。
春菊のほのかな苦味も 良い具合。

鉄板焼・寿司

鉄板焼

黒毛和牛もも肉、厚切りベーコン、帆立、出し巻き玉子、本日の野菜
鉄板焼全種類。量が少ないので、牛肉だけ3倍量でオーダーしています。


出し巻き玉子は 箸でつまむと 出汁が滲み出るジューシーさ。両面鉄板焼きで 縮れた焼き目の香ばしさもGOOD。
黒毛和牛もも肉は 程よい弾力があり、ジュッ、ジュッ、と広がる肉汁がたまりません。

寿司

中トロ鮪、赤身鮪、秋刀魚、アトランティクサーモン、おすすめ白身魚、本日の一推し
おすすめ白身魚=タイ、本日の一推し=カマスでした。


秋刀魚は 塩で軽く〆てありました。脂の乗り具合には個体差がありましたが、去年の酢〆よりも 秋刀魚の旨味を堪能できて良かったです。


アトランティクサーモンは 肉厚もっちもちで美味しい~。


秋の味覚のちらし寿司

秋ver.のミニちらしは、サーモン・いくら醤油漬け・錦糸卵。

煮物・蒸物

ホテル椿山荘名物米茄子の鴫炊き

箸で すっ…と切れる 名物の米茄子。
冷菜の「焼きなす」よりも こちらがお気に入り。


本日の蒸し物

この日の蒸し物は「カマスの信州蒸し」。
海苔で巻いた蕎麦の上に、さらに魚を巻き付けた料理です。


初めて食べましたが、ムッチリした食感は そばがきに似た印象。
また、蕎麦つゆは あら汁の如く 魚の旨味が効いており、予想を超える美味しさでした。

肉豆腐

7月と同じだと思います。
肉が牛スジなのが 個人的に超高得点。


牛スジは柔らかく、かつ、豆腐はシッカリ水切りされた締まった食感。このバランスが最高です。


松茸と鱧の小鍋

鍋料理は 比較的量が多いので、いつもシェアしています。


こちらは味付けが やや塩辛いように思いました。
松茸料理は 前菜の「松茸と春菊のおひたし」のほうがヒット。

焼物・揚物

海老と魚と舞茸の天麩羅、本日の焼き魚、鶏天南蛮、海老塩のポテトフライ

魚の天麩羅=タチウオ、本日の焼き魚=メカジキでした。
海老塩のポテトフライは 私には「海老」が感じられず。


鶏天南蛮は カラッ揚がった鶏天に 和風タルタルソースをかけたスタイルですが、このタルタルが秀逸。潰した豆腐と白味噌のMIX、さらには玉葱のわずかな辛味とシャキシャキ感。(がんもどきにも似ているような?)
私のイメージする”南蛮”とは ちょっと違う味わいでしたが、これからはこちらを南蛮の代表とします。
そう、今回のMVP!!!

食事

本日の麺類

この日の麺類は、冷たい「ゆかり蕎麦」。
海苔と葱に紛れる程度の ほのかな紫蘇風味。

本日のおすすめ御飯

この日は7月と同じ「とうもろこしご飯」でした。
とうもろこしが前回よりも大粒で存在感がありました。
香ばしい茶飯部分も美味しい。

天むす

巻き寿司風の 小洒落た海老天むすび。

さて、デザート前におかわりタイム。(嵩張る&似たような絵面ばかりなので、折りたたみます↓)

第一おかわりタイム
寿司&鶏天南蛮


2オーダー目の秋刀魚握りは脂たっぷりで特に美味しかった。

鉄板焼

甘味


柚子のムース

上の柚子ピールは爽やかな酸味が効いていましたが、下は シンプルな”牛乳ムース”という感じ。ややモッサリした食感ですが、和菓子っぽさがあり私は好きです。

焼柿と完熟柿

個人的にはジューシーな完熟柿派。
焼柿は セミドライフルーツのような ざらっホクっとした感じ。


梨のアイス

和梨ではなく、ラフランス系のネットリ果肉感。

さて、デザート後は 再度おかわりタイム!
未食のメニューは味噌汁香の物のみです。

第二おかわりタイム
天むす、鶏天南蛮、とうもろこしご飯

カマスの信州蒸し

鉄板焼

黒毛和牛は毎度食べまくりですが、出し巻玉子にこんなにハマったのははじめて。


ふわっふわの ジュワジュワ~。(今まではこれほどジューシーではなかったような?)

寿司


秋刀魚とサーモンもたくさん頂きました。

鶏天南蛮

甘味



以上

食欲の秋、今年も大満喫です。
芋栗系が一切なかったのはちょっぴり残念ですが、魚と肉が美味しくて何より。
前に見たメニューであっても、時期によってアレンジがあり、食べる楽しさを感じます。

メニューが変わったらまた伺います。

ホテル椿山荘東京『みゆき』オーダーブッフェの予約はこちらから


【一番人気!】好きなものを好きなだけオーダーブッフェ~味めぐり~★11,000円→9,800円

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

ディナーブッフェ

Copyright© そう、これからだよね! , 2018 All Rights Reserved.