記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』トロピカルフルーツ・デザートブッフェ 2016年8月

0

投稿日:

恵比寿ガーデンプレイス内、ウェスティンホテル東京の1階にある『ザ・テラス(THE TERRACE)』のデザートブッフェに行ってきました。
 
トロピカルフルーツ・デザートブッフェ
2016年8月1日(月)~8月31日(金) 平日限定

4,271円(税・サ込)

 

チーズケーキ、クレーム アンジュ、チーズのシュークリーム。
 

カラメルモカ、パッションフルーツとチョコレートのムース、パッションフルーツとパイナップルのヨーグルトムース。
 

チョコレートとココナッツのタルト、マンゴープリン、ストロベリーショートケーキ。
 

クレーム ブリュレ ラムレーズン、ティラミス、アールグレイとオレンジのプリン。
 

グレープフルーツとライチのムース、マンゴーと桃のゼリー、リュバーブとレモンのタルト。
 

 

 

パイナップルとオレンジのガスパチョ、マカロンアナナ、ココナッツとスイカのゼリー、カシスのパンナコッタ パイナップルヨーグルト添え。
 

ラズベリーとライチのゼリー、マンゴーラッシー、黒豆とタピオカのココナッツスープ、パッションフルーツとレモンのタルト、バナナのプリン 赤いベリー添え。
 

マンゴーとパッションフルーツのフール、バナナとカシスのクラナカン、パッションフルーツとパイナップルのシブースト、ココナッツとマンゴーのチーズクリーム。
 

みつ豆、ミルクチョコレートとバナナのムース パッションフルーツのソース、白玉とココナッツのゼリー パイナップルスープ、エキゾチック ババ。
 

アップサイドダウンケーキ、バターもち、バナナケーキ、タルトバナナ。
 

赤いベリーのスープ、ココナッツとマンゴーのサゴ、フルーツサラダ、タピオカミルクティー、シトラススープ、トロピカルスープ。
 

 



ドリンクのメニュー。

 

アイスのメニューは6月から続投です。
今月のテーブルサービスのスフレはパイナップル味のようでした。(私はパスしています。)


 


デザート パート①。
 
パッションフルーツとパイナップルのシブースト、ラズベリーとライチのゼリー、エキゾチック ババ、ココナッツとスイカのゼリー。
パッションフルーツとパイナップルのシブーストは中にもパッションフルーツがたっぷり。種のプチプチ食感、パイナップルの甘い果肉も楽しめました。
ラズベリーとライチのゼリーは大きなライチ果肉のショキッ!とした食感が印象的。全体的に固めで、下層のココナッツミルクもかっちり濃厚。
エキゾチック ババはドーナッツちっくな生地が好きでした。
ココナッツとスイカのゼリーは薄めたスイカ、という感じでちょっとガッカリ。ココナッツ部分も薄かったです。


デザート パート②。
 
バナナのプリン 赤いベリー添え、みつ豆、ココナッツとマンゴーのチーズクリーム、ミルクチョコレートとバナナのムース パッションフルーツのソース。
バナナのプリン 赤いベリー添えはバナナのどろりとした繊維感があり、”プリン”とはイメージが違いました。
みつ豆は生姜シロップが好みではなかったものの、豆の歯応えが良かったです。
ココナッツとマンゴーのチーズクリームはマンゴー果肉×フレッシュチーズクリーム、両者濃くて私好み。
ミルクチョコレートとバナナのムース パッションフルーツのソースは甘く・重いチョコバナナムースに、パッションソースの酸味が華やかな印象。
 
バナナプリンの中身。


デザート パート③。
 
パイナップルとオレンジのガスパチョ、マンゴーとパッションフルーツのフール、バナナとカシスのクラナカン、マンゴーラッシー。
パイナップルとオレンジのガスパチョはオレンジが甘みの強い品種なのか、温室みかんに近い味わい。(それともパイナップルとの相乗効果?)
マンゴーとパッションフルーツのフールは上層はサワークリームのようなコク。底のパッションソースの酸味がバシッと決まっていて、とても好みの構成でした。
バナナとカシスのクラナカンはバナナがねっとり甘く、カシス果肉が入っている割には優しい味わい。
マンゴーラッシーはストローが刺さっていますが、思ったよりも重めで、スプーンに持ち替えました。


デザート パート④。
 
パッションフルーツとレモンのタルト、バターもち、ストロベリーショートケーキ、クレーム アンジュ、チョコレートとココナッツのタルト、チーズのシュークリーム。
バターもちはみっちみちの弾力が素敵。
パッションフルーツとレモンのタルトはチョコのクマさんが乗っているver.、パッションソースver.、2種類ありました。味としてはより酸味の効いた後者が好みでしたが、見た目は断然前者が好き。
 
去年は海パン・ゴーグル姿だったクマさん、今年は全裸(笑)。ブッフェ後半はこちらのver.は品切れしていました。
 
チーズのシュークリームは塩っぱいチーズクリーム×甘いカスタードクリームの最強タッグ、しかもMAXに詰まっています。7月のチーズフェアのどれよりもストライクなチーズデザート!
 
チョコレートとココナッツのタルトは土台はチョコみっちり。こんもり盛られたメレンゲはココナッツが大量に配合され、泡々シャキシャキ。(ココナッツタルトは毎年8月のお楽しみメニューです。過去にはキャラメル味、コーヒー味もありました。)


デザート パート⑤。
 
パッションフルーツとチョコレートのムース、カラメルモカ、マカロンアナナ、チーズケーキ、クレームブリュレ ラムレーズン。
カラメルモカは濃厚ビターなコーヒーに、ナッツのザクザクとした食感がマッチしていました。
クレームブリュレ ラムレーズンはラムレーズンアイスを物凄く濃くしたようなお味。
 
バリッと飴を割ると、中からレーズンが現れます。名前からしてストライクな予感でしたが、期待以上。
 
チーズケーキは入れ替わりでキューブ型が出てきたので、スティック型と両方いただきました。やっぱりこちらのチーズケーキは大好物。

マカロンアナナはフレジェのパイナップル版のようなイメージ。濃厚バタークリームが美味しすぎて、パイナップル果肉は無くてもいいくらいでした。


デザート パート⑥。
 
ティラミス、チーズのシュークリーム、クレームブリュレ ラムレーズン。
ティラミスはシロップじゅわじゅわ、先月よりも軽い仕上がりでした。


軽食。
 
夏野菜のカレーキッシュ、昔ながらのナポリタン、ピッツァ、ホットサンドイッチ(チーズとハム)、鶏の唐揚げ。
軽食はほぼいつも通りですが、夏野菜のカレーキッシュにもピッツァにもハーブソーセージが入っていて美味しかったです。
鶏の唐揚げはサクサクっと砕ける衣&ジューシー鶏もも肉で、テラスの唐揚げの中でも高コンディション。


デザート パート⑦。
 
ソフトクリーム(クレミア)。


デザート パート⑧。
 
ココナッツとマンゴーのチーズクリーム、マンゴーとパッションフルーツのフール、カラメルモカ、チーズのシュークリーム、クレームブリュレ ラムレーズン、チーズケーキ。
スープ系デザートはほとんどパスし、濃厚デザートをお替わり。7月のチーズフェアの名残か、チーズ系が結構多くて嬉しかったです。
今回特に気に入ったのは、チーズのシュークリームクレームブリュレラムレーズン



以上。こってり好きの私としては”トロピカルフルーツフェア”という字面には全くときめかないのですが、フタを開ければ濃厚デザートもあり、また夏ならではのポップなデコレーションも楽しく、好みのフェアと遜色なく楽しめます。(私の場合、種類制覇よりもお気に入りを優先するので、惹かれないデザートが多い分リピートできる余裕ができて嬉しい。)
とは言え、好物は多いに越したことはないので、秋のもっさりスイーツ祭はもっともっと楽しみです。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

デザートブッフェ

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.