東京マリオットホテル『ラウンジ&ダイニング G』ハワイアンウィークエンドランチブッフェ 2018年7月

2

東京マリオットホテルの1階『ラウンジ&ダイニングG』の週末限定ランチブッフェへ行ってきました。7月・8月はハワイアンフェア

ハワイアン
ウィークエンドランチブッフェ

2018年7月1日~8月29日・土日祝日限定 5,702円(税・サ込)
一休.comまたはOZmallからの予約で4,500円+乾杯シャンパン特典付


前菜コーナー

ヌードルステーション。

生ハムとコーンのケーキ(?)。

スパムおにぎり。

クリスピー豚バラトマト。

オピオゴアヒポキ、醤油アヒポキ、グアバスモークミート、ココナッツ風エッグヴェネディクト。

タコポキ、ロミロミサーモン。

ピピカウラポキ。

生野菜、ポテトマカロニ、豆腐サラダ、ワラビドライエビ、スイートポテトケールキノアサラダ。

パン各種。

生ハムの乗ったシフォンケーキのようなものは 早々に品切れ。それ以外は 常時補充されていました。
3種の麺類(サイミン、ラクサ、冷やし中華)は実演で、その場で麺とスープを注文し、好きな具材を乗せるスタイル。

デザートコーナー

チチ(パイナップルゼリー)、リリコイパンナコッタ。

ブルーハワイゼリー。

フルーツカクテル。

バター餅。

グァバシフォンケーキ。

マンゴーチーズケーキ。

ハウピアパイ。

バナナケーキ。

ビスコッティ、クッキー。

アイスクリーム(苺、バニラ、チョコレート)。

かき氷。


かき氷のトッピングには、マカダミアナッツやココナッツなどの傍ら、飾り用の生花まであり、ハワイアンな雰囲気を楽しめます。


デザートメニューはカタカナで書きましたが、こんな感じで英語表記でした。

メインディッシュのメニュー

選べるメインディッシュも ハワイアン一色になっていますね。
上のリストから選んだ1品と、オックステールスープがテーブルサービス。




大きなピッチャーに なみなみと、レモン&ライム入りの水。


シャンパン

一休.comの予約特典のシャンパン。

ブッフェ料金外ですが、ハワイアンフェアのカクテルも頂きました。ハーゲンダッツのアイスクリームをアレンジしたカクテルは、8月末までの限定品。


ハワイアンカクテルwithハーゲンダッツ

パラダイス オブ ハーゲンダッツ(左)
【税サ込 2,613円】
パイナップルの容器の中に、ハーゲンダッツバー「コーヒー&クッキークランチ」と フローズンカクテルが入っています。バナナの トロみがあり、シェイクのような感じ。
サンセット ハーゲンダッツ(右)
【税サ込 2,138円】
私が頂いたのはこちら。
夕日色のカクテルに、ハーゲンダッツバー「白桃&ベリー」。

ガツンと酒、というカクテル。華やかなフルーティーさに、ラム酒が豊かに香り、美味しかったです。


さて、ブッフェパートへ。
まずは前菜編


前菜①

クリスピー豚バラトマト、オピオゴアヒポキ、グアバスモークミート、醤油アヒポキ、ココナッツ風エッグヴェネディクト、スパムおにぎり、生ハムとコーンのケーキ(?)、ピピカウラポキ、ロミロミサーモン、タコポキ。
ハワイアンフェアだけあって、○○ポキというメニューが多かったです。要は、魚介類や肉の”ヅケ”。
オピオゴアヒポキは 鮪と貝と海藻のヅケ、醤油アヒポキは 同じく鮪ですが、ゴマ油が効いていて中華っぽい感じ。
左下のピピカウラポキは コールドビーフ×パクチーの 食欲をそそる組み合わせ。
左上のクリスピー豚バラトマトは ポークチャップのような感じでした。 ドライトマト入りでコクがあり、厚手の豚バラ肉が柔らかく美味しい。(名前の「クリスピー」は何のことでしょう?)

ココナッツ風エッグヴェネディクトは マッシュポテト・ココナッツ風味、な印象でした。芋はタロイモでしょうか、ねばぁぁぁ~っとしていて、まろやかな味わい。”エッグベネディクト”とイメージは異なるものの、なかなか気に入りました。

グアバスモークミートは ちょっぴり焦がしたようなグリル感のある豚肉&野菜に、甘酸っぱいタレが合っており、バーベキュー的な美味しさでした。

ベーコンとチェダーチーズのおにぎりと、スパムと卵焼きのおにぎり。ご飯は結構カッチリ握りで、お腹にたまります。個人的に、ご飯モノがあるのは嬉しい。

醤油アヒポキのアップ。アボカド料理が多く、好みの味わいが多かったです。


パン

胡桃パン、ココナッツパン、紫芋パン(?)
ココナッツロングを練り込んだパンは特に気に入りました。


オックステールスープ

テーブルサービスの オックステールスープは、牛肉と わずかな塩胡椒、といった素直な味わい。極々薄口ですが、牛肉の旨味が優しく沁みてきます。

肉、ほろほろ。


ラクサ

ヌードルステーションでオーダーしたラクサ。うずら卵と海老、パクチーをトッピングしました。

ココナッツのミルキーさと ラー油(?)の辛さが 相乗効果で 大変美味しい。
スープが美味しいので、麺がスルスルと進みます。


冷やし中華

こちらは よくある冷やし中華 といった具合。濃い目の 酢醤油的な。
麺が氷でキュッと冷えており、喉越しが良かったです。


前菜②

ポテトマカロニ、豆腐サラダ、ワラビドライエビ、スイートポテトケールキノアサラダ。
豆腐サラダは 豆腐とアボカドと海藻のMIX。そのままだと ほぼ味はなく、和風ドレッシングを足すと いい感じ。
ワラビドライエビは 桜海老がパリッと乾いていて 風味が良かったです。


前菜③

ココナッツ風エッグヴェネディクト、醤油アヒポキ、オピオゴアヒポキ、スパムおにぎり、クリスピー豚バラトマト、グアバスモークミート。
お気に入りを再度。

メインディッシュはロコモコを選びました。


ロコモコ

ビーチボーイ ロコモコ、ハマクアマッシュルームグレービー、
フライドエッグ、ポルトガルソーセージフライドライス。

ソーセージ入りのフライドライスに、照り焼き的な 甘辛ソースのハンバーグ、半熟の目玉焼き。

フライドライスは パラパラよりもモッチリ寄りで、炊き込みご飯に近いかも。オイリーさが無く、あっさりと頂けました。

ハンバーグは密度&粘り感のあるタイプ。
ボリューミーで美味しかったけれど、ブッフェ台にはスパムおにぎり(ご飯モノ)があったので、メインは他の品にすれば良かったかも。

以下は、同伴者セレクトのカルアポーク


カルアポーク

カルアポーク、スイートポテトマッシュ。
こちらも少し頂きましたが、豚肉というよりは”THE燻製肉”な味わい。感覚としては、ディズニーランドのスモークターキーに 非常に近い燻製感です。

独特な香り&甘みが染み染みで、とっても美味しかったです!(ロコモコよりも こっちにすれば良かった~。)

さて、デザート編へ。



デザート①

チチ(パイナップルゼリー)、リリコイパンナコッタ、バター餅、グァバシフォンケーキ、ビスコッティ、クッキー。
チチ(パイナップルゼリー)は ココナッツとライムシロップも入っているのか、トロピカルな甘酸っぱさ。ノンアルのカクテルのような。
リリコイパンナコッタは パッションフルーツソースの酸味は 思いの外穏やかで、パンナコッタのミルキーさが際立っていました。

バター餅は むっちり素朴系。この手の焼き菓子、好きです。
グァバシフォンケーキは シフォンにしては やや固め。ほんのりと グァバの甘酸っぱい香り。


デザート②

ブルーハワイゼリー、バナナケーキ、ハウピアパイ、マンゴーチーズケーキ。
ブルーハワイゼリーは ゼラチン多めで 喉越しが今ひとつ。これは雰囲気要員でしょうか…。

ハウピアパイは ハウピア(ココナッツプリン)と ねっとりチョコレートの2層。プリン層のモチモチ食感からか、チョコ大福に通ずるものを感じました。チョコが存外ビターで美味しい。
奥の マンゴーチーズケーキは クリームチーズ含有率が高いタイプで、塩感&コクがあって好みでした。下層にココナッツロングが入っており、マンゴー風味ともマッチ。

バナナケーキは バナナが ずんっと詰まった生地と、マカダミアナッツの軽快さが 好相性。焼きバナナ的な 自然な甘さも美味しく、デザートの中では一番気に入りました。


かき氷①

ブルーハワイに、ココナッツとマカダミアナッツ。


かき氷②

苺シロップに苺アイス、練乳小豆。


アイスクリーム

小豆乗せバニラアイスクリーム
もはやハワイも夏も関係ないけど、これが至福。


デザート③

グァバシフォンケーキ、リリコイとパンナコッタ、バナナケーキ、クッキー、ハウピアパイ、マンゴーチーズケーキ。
お気に入りデザートを再度。


以上。ハワイアンフェア色が濃く、南国ムードを 目一杯楽しめました!
実演デザート枠が かき氷、というのはちょっとハズレ回な気もしましたが、その分、アボカド&肉魚沢山な前菜コーナーは 個人的に大アタリ。

同価格帯のホテルランチと比較すると 雰囲気も食事内容もカジュアルながら、個性的かつ美味しく 気に入っています。

『ラウンジ&ダイニング G』ランチブッフェの予約はこちらから↓
【7・8月限定】ハワイアンランチブッフェ★7,602円→4,500円


 コメント (2)