ヒルトン東京『マーブルラウンジ』デザートブッフェ ~ストロベリー・アート~ 2015年1月

0

投稿日:

新宿、ヒルトン東京の1階にある『マーブルラウンジ』のデザートブッフェへ行ってきました。毎年恒例の苺フェアですが、今年のテーマは「ストロベリー・アート」。今回はLUXAで事前にクーポンを購入していたので、ジュースの特典付@3,450円でした。

デザートブッフェ「ストロベリー・アート」
2015年1月13日(火)~5月18日(月)

4,200円(税・サ込) → 一休.comからの予約で3,360円【1月26日までタイムセール】

 

マシュマロロリポップ
 

カッテージチーズムースとストロベリーソース、ジンジャーコンフィココナッツタピオカとイチゴゼリー、ストロベリーティラミス。
 

ストロベリータルト。
 

抹茶とストロベリーのパウンドケーキ。
 

ベリーのパン・ド・ジェーヌ(?)。
 

ストロベリーショートケーキ。
 

柚子とイチゴのサブレ。
 

ストロベリームース。
 

フレッシュストロベリー。
 

イチゴとルバーブのスープ(上段の四角いグラス)。
 

イチゴとピスタチオのプリン。
 

メレンゲストロベリー。
 

ストロベリーフルーツゼリー。
 

イチゴ・ライチとローズクリーム。
 

アイスクリームステーション。
 

 

ストロベリーカップケーキ。
 

ストロベリーロールケーキ。
 

ストロベリーニューヨークチーズケーキ。
 

クランチストロベリーロリポップ。
 

ストロベリーシュークリーム。
 

ソフトピスタチオのビスキーと苺。
 

ストロベリーリップシュークリーム。
 

 

ツナマヨネーズサンドイッチ、ストロベリークリームチーズサンドイッチ。
 

肉まん、ピラフ、本日のスープ。
 

チョコとバナナのピザ(?)。
 

ワッフル、トッピング各種。

 

写真が抜けてしまいましたが、「杏仁豆腐とバーベナ・イチゴ」もありました。ネームプレートが見当たらない品があり、名前は確かではないです。(去年のデータを参照しました。)

アイスのメニューはストロベリーシャーベット、レモンシャーベット、チョコレート、ストロベリー、コーヒー、バニラの6種類。カップ、コーンの他、「クレープ」の選択も可能に、また、ひっそりと「ストロベリーサンデー」の札も出ていました。

店内は例年通り大盛況でしたが、開始からしばらくの間はブッフェ台のスペースを拡大し、同じスイーツを2セット置くなどして、混雑しないように工夫されていました。



ストロベリージュース。

LUXAの特典。苺生搾り!という感じで美味しかったです。


デザート パート①。

イチゴとピスタチオのプリン、ストロベリーリップシュークリーム、ストロベリーショートケーキ、ストロベリーロールケーキ、柚子とイチゴのサブレ。
イチゴとピスタチオのプリンは濃厚卵味に火が通った苺の甘酸っぱさがマッチ!今フェアでは一番気に入りました。
ストロベリーショートケーキはサンドの苺が少ないかな~という感じですが、しっとりと軽いスポンジは◎。生苺も食べ放題なので、好みで足して食べるといいですね。

ストロベリーリップシュークリームはバニラクリームが海外のお菓子的なお味で、万人受けはしないかも?個人的には嫌いではないです。後半は唇の飾りは無くなっていました。

柚子とイチゴのサブレは分厚いサブレ、かための柚子クリーム、苺クリーム入りキャラメリゼシュー。組み合わせよりも、それぞれ単体として美味しかったです。


デザート パート②。

ストロベリーシュークリーム、ストロベリーティラミス、ベリーのパン・ド・ジェーヌ(?)、ストロベリーニューヨークチーズケーキ、ソフトピスタチオのビスキーと苺、ストロベリータルト。
ストロベリーシュークリームの中身は”苺風味”ではなくちゃんと”苺の味”。パート①のキャラメリゼシューと同じクリームだと思いますが、リッチな甘酸っぱさで美味しかったです!
ストロベリーティラミスはティラミス感は全くなく、ちょっと変わった味わい。例えるなら、バニラとココナッツとお寺を足して3で割ったような…。マズくはないですが、また食べたいかといえばNOです。
ソフトピスタチオのビスキーはもぎゅっ!とした謎の噛みごたえが印象的。(イチゴとピスタチオのプリンにもこの生地が入っていました。)

マシュマロロリポップ。


デザート パート③。

ジンジャーコンフィココナッツタピオカとイチゴゼリー、カッテージチーズムースとストロベリーソース、イチゴ・ライチとローズクリーム、イチゴとルバーブのスープ、ストロベリーカップケーキ、ストロベリーフルーツゼリー、クランチストロベリーロリポップ、抹茶とストロベリーのパウンドケーキ、メレンゲストロベリー。
ストロベリーフルーツゼリー(マフィンの上)は濃厚な甘酸っぱさで、小粒でもインパクト大。

グラスデザートはどれもひとクセある味で好みが分かれそうですが、独特で面白いです。
ジンジャーコンフィココナッツタピオカとイチゴゼリーはタピオカギッシリ、ライスプディングのようなデザートでした。
カッテージチーズムースとストロベリーソースはホイップ状のレアチーズといった印象。個人的にはパート②のストロベリーニューヨークチーズケーキよりもこちらのほうがヒットです!
イチゴ・ライチとローズクリームは濃厚バニラ・爽やかライチの組み合わせがGood。

メレンゲストロベリーはマカロンとマシュマロの中間のような。美味しさはやっぱりホンモノの苺には敵わないけれど、可愛さにほっこりです。


デザート パート④。

ストロベリームース、生クリーム&苺。
ストロベリームースは苺不使用?と思うくらい薄味で残念。盛大なる賑やかしでした。
しかしこちらのお店、クリームが美味しい!ワッフルコーナーの生クリームも、スイーツにちょんっと乗っている生クリームも美味しくて高ポイントです。


デザート パート⑤

お気に入りのデザートを再度。見事に真っ赤っ赤です!

ストロベリーショートケーキにワッフルコーナーのカット苺をモリモリ。


デザート パート⑥。

ワッフル、コーヒーアイス。
コーヒーアイスにクッキーをMIXしてもらい、ワッフルサンドに。
コーヒーアイスはコーヒー牛乳系の優しい味。
ワッフルはそれ自体よりも、トッピングに価値アリ!といった感じでした。ベリーソースはビリビリ酸味があって私好み。生クリーム盛り放題も嬉しいですね!


軽食。

本日のスープ、肉まん、ピラフ、ストロベリークリームチーズサンドイッチ、ツナマヨネーズサンドイッチ。
軽食は今まで通り、スープ・サンドイッチ・日替わりのホットミールが2枠。この価格ならもう少し工夫が欲しいですね。
肉まんは多分冷凍品かと思いますけれど、中でもあんまり美味しくないほうかなと…。(状態のせい?)個人的に、貴重な口直し枠に肉まんかシューマイがあるとテンション下がります。
サンドイッチはいつもカッピカピですが、今回は奇跡的に(?)しっとり。
本日のスープは溶き卵・茸・ベーコン入り。少々味が濃かったけれど、薄味のピラフの”おかず”として丁度良かったです。


デザート パート⑦。

ストロベリーサンデー、ストロベリーティラミス、チョコとバナナのピザ(?)、他。
カクテルグラス入りのデザート新登場?と思ったら、お寺のフォルムチェンジ版でした。
チョコとバナナのピザは見た目通り。苺祭りであえて食べなくても良いですね…。
ストロベリーサンデーは苺アイスにソースかけて切った苺乗せただけ~でがっかり。(クリーム・丸ごと苺は後から自分で乗せました。)これなら最初から好きなアイス・具を選んだほうが良かったです。添えたシナモンラスクはざくざくで相変わらず美味でした!



デザート パート⑧。

コーヒーアイス入りクレープ、苺。


フレッシュストロベリー。

生苺は大きさはまちまちでしたがどれも甘々ジューシーで、また惜しみなく補充されていて良かったです!



以上。一面真っ赤なブッフェ台は圧巻の一言!デザート単体が、というよりは会場全体が作品という感じで、今年もアツい苺祭りでした!きらびやかな飾りの影で、上手~く手を抜いてるなと感じる部分はありますが、このスケールの大きさ・遊び心はマーブルラウンジならではの楽しさですね。(軽食にもう少しやる気を出してくれるのを願いつつ)今後もワクワクするようなフェアに期待します!

ストロベリータルト,ティラミス,シュークリーム…約30種苺デザートブッフェ「ストロベリー・アート」4200円

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

おすすめトピック

関連記事

関連記事

デザートブッフェ

浦和ロイヤルパインズホテル『ラ・モーラ』ストロベリーデザートブッフェ 2019年4月

浦和ロイヤルパインズホテルの1階にあるペストリーショップ『ラ・モーラ(La Mora)』の春のストロベリーデザートブッフ ...

デザートブッフェ

ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』マロンデザートブッフェ 2018年12月

恵比寿ガーデンプレイス内、ウェスティンホテル東京の1階にある『ザ・テラス(THE TERRACE)』のデザートブッフェに ...

デザートブッフェ

© 2021 そう、これからだよね!