シャングリ・ラホテル東京『ピャチェーレ』ウィークエンドランチ(前菜ブッフェ) 2019年6月

6

シャングリラホテル東京の28階にある『ピャチェーレ』の土日祝日限定ブランチへ行ってきました。
パスタ&リゾット・メイン料理・デザートはコース形式、前菜はブッフェ台より好きなものを好きなだけ頂けます。

ウィークエンドランチ土日祝日限定 7,452円(税・サ込)
一休.comまたは公式HPから予約可能

ウィークエンドランチメニュー


メインディッシュとデザートは、各1品ずつ選択。
まずは前菜のブッフェ台へGO。

前菜

ブッフェ台


チーズ7種とディップ3種以外は「名無し」でした。
以下、メニューをざっくりと紹介しますが、全種食べていないので 間違っている可能性あり。


コールドミート

パリエッテン、テストゥンアルバローロ、トゥフィン、トーマ、プロセッコ、ペコリーノトスカーノ、ヴェッゼーナ

パイナップルとパパイヤ

カブと大根のサラダ

キャベツと桜海老のサラダ

コーンのサラダ

キュウリのサラダ

クスクスのサラダ

パプリカとアンチョビのサラダ

ブロッコリーとカリフラワーのサラダ

温野菜のミックスサラダ(?)

インゲンとチーズのサラダ

カボチャのサラダ

カンパチのマリネ

タコとジャガイモのマリネ

サーモンとオレンジのマリネ

キッシュ

フォカッチャ

ディップ(玉子・ナス・チーズ)

先日の『ニューヨークグリル』の前菜と比べると、全体的におつまみ寄りな印象でした。
チーズ・オリーブ・アンチョビなどの塩っ気の強い食材と、新鮮な野菜や魚介が 上手く融合している感じ。

ブッフェ台に 珍し気なチーズが並んでいますが、料理のほうもチーズ臭が効いた品が結構ありました。(私は頂きませんでしたが、チーズディップは なかなかクセがあったそう。)

サラダ・マリネとキッシュ


レーズン入りのカボチャサラダは、バルサミコ酢もMIXしてあるような フルーティーでコクのある味付け。
削りパルメザンチーズをまとったインゲンは、独特の風味がムンムン効いていました。


カンパチのマリネは 脂の詰まった身が美味しい。
エンガワに近い部分だったのか、コリコリと歯ごたえがありました。


同じくサーモンマリネも 脂たっぷり!


キッシュは ざく切りのキノコ&ベーコンの弾ける水分感がとってもイイ。
堅焼きパイの小麦感と 絶妙なバランスです。


溢れて焦げたチーズが たまらない。

コールドミートとチーズとフルーツ


ハムとチーズは ブッフェでは見かけないような代物ばかりでした。


右のハムは、一見 ジャンボンブラン的な白ハムかと思いましたが、まさかのオール脂身です。
滑らかな舌触りは”豚肉のバター”なイメージ。
尖った塩気もクセも無く 味は美味しかったけれど、何かと一緒に食べるべきものかな。

左の 一部黒っぽい生ハムは 表面が深くスモークしてあり、普通の生ハムよりも好みでした。


チーズの中で特に気に入ったのは、表面が紫黒い「テストゥンアルバローロ」。超濃縮した赤ワインのような風味と、チーズ臭さがフュージョンしていて、悶絶級にいい匂いだった!!

それとは真逆に、ヨーグルトのようなウブな乳製品味の「トーマ」も印象に残りました。

ものすごくトリュフの香りがするチーズもありましたが、この中のどれだったのかは 忘れてしまった。

本日のパスタ&リゾット

パスタとリゾットは、シェフが席を巡回し 大鍋からサーブしてくれます。
いずれもアルデンテな食感で美味しかったです。

本日のパスタ


この日のパスタは、ズッキーニとひき肉のペンネ


パルメザンチーズの穏やかな香りと塩味が良い感じ。

本日のリゾット


そして、カステルマーニョチーズのリゾット
チーズ名が全くピンときませんが、ペンネ(パルメザン)10倍の発酵臭が ブワッと鼻にきた!


糸引くくらいの濃厚チーズに、ヘーゼルナッツのカリカリが心憎いアクセントでした。
かなり好みは分かれそうだけど、私にとっては大好物そのものという味。

メイン料理のエッグベネディクト

選べるメインディッシュ

エッグベネディクト”ベーグルデクティン”ベーコンとオランデーズソース 1894年オリジナルレシピのエッグベネディクト イングリッシュマフィン スモークベーコンポーチドエッグとオランデーズソース 茄子の揚げ浸しベネディクト 白味噌のオランデーズ ショウガとネギの香り かつお節を添えて ローストしたポルトベロ茸とオランデーズソース トリュフキャビアを添えてスマッシュビーフチェダーチーズのベネディクト 半熟卵のクリスピーフライとピクルス スライストマトとケール肉・魚料理イタリア風ビーフバーガー グリルモッツァレラとスモークしたスカモルツァチーズ イタリア産グリルソーセージ 焼きブラウンブレッド ガーリックでマリネした甘タマネギ粒マスタードを添えて 地中海のハーブとガーリックでマリネしたチキン ポテトを添えて グリルツナ ズッキーニと黒オリーブのサラダ キヌアと共に ギリシャヨーグルトとミントのソース

メイン料理に選んだ品は、契約農家から特別に仕入れているという
どデカイ茸のエッグベネディクト。


ローストしたポルトベロ茸とオランデーズソース
トリュフキャビアを添えて

表面の「トリュフキャビア」は魚卵ではなく、トリュフの風味を閉じ込めた人工的なキャビアとのこと。
ぷちぷちした食感がアクセントになっていましたが、風味はそこまで感じなかったかも。

なにしろ、ポルトベロ茸の存在感が大きすぎます。


濃厚な茸汁、ぱーーーんっ!!!


味わいは新鮮なマッシュルームそのものでした。
食感に張りがあり、噛むとジュワジュワ~と旨味が溢れ出してきて、非常に美味しい。
味をキュッと引き締める 酸っぱめなオランデーズソースも 良い塩梅。

デザート

選べるデザート

メープルシロップパンケーキ バナナ ホイップクリーム トンカ豆 ティラミスボウル フォンダンショコラ 自家製バニラとグランドマルニエのアイスクリームを添えて 季節のフルーツパフェ 出来立てのワッフル キャラメルとポップコーンのアイスクリームチョコレートシュガーキャンディー メガドーナツとアイスクリームボウル温かいチョコレートとマシュマロとプレッツェルと共に(4名~)

私が選んだデザートは、朝食ブッフェでもお気に入りのパンケーキ

メープルシロップパンケーキ


メープルシロップパンケーキ
バナナ ホイップクリーム トンカ豆

後ろにある『NOBLE01』と書かれた瓶は、ペストリーシェフが惚れ込んだ究極のメープルシロップだそう。バーボン・ウィスキーの樽で熟成してあり、酒と木の香りが移った深みのある味わいです。
「このメープルシロップのために考えたパンケーキがこちら」、ともおっしゃっていました。


ふかふかのパンケーキに、よく染みる染みる。
ちょっぴり木のスモーキーさの効いた クセになる甘さ。


希少なメープルを、パンケーキに目いっぱい吸収させて頂きました。
カリカリにキャラメリゼしたモンキーバナナが、ダークなシロップとまた合う!


以下は、同伴者が選んだ「ティラミスボウル」です。

ティラミスボウル


パンケーキ2枚を凌ぐボリュームです。
直径15cmほどのサラダボウルだと思いますが、
見た目の印象は丼ティラミス

ゆるいホイップ状のマスカルポーネクリームに、ジューシーなスポンジが隠れています。

食後のカフェ

ペストリーシェフからのサービス


こちらはペストリーシェフからの嬉しいサービス。
今朝食ブッフェで出しているイチオシのパン「黒胡麻のブリオッシュ」とのことです。
上面は格子状のパイに覆われていて、見るからに美味しそう。


これは、黒胡麻プリンを包んだ 新種のケーキか…!?
あんデニッシュのようなものをイメージしていましたが、とろ~りコクのある胡麻クリームとは 予想外のサプライズ。

後から、「黒胡麻シュークリームをイメージして作った」と伺い、納得しました。
やっぱり大好き、『ピャチェーレ』のデザートパン。

以上

『ニューヨークグリル』とは別方向に、スゴイもん食べた。という感じがしました。

香りにひとクセある品が多く、人によって好き嫌いはありそう。私はどれも美味しく頂きました。

平日ランチの時間制限(90分)が もうちょっと長くなれば嬉しいところですね。

『ピャチェーレ』ランチ予約


【一番人気プラン】土日祝限定ホテルブランチ・豪華な前菜ブッフェをお好きなだけ★7,452円

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

関連記事

関連記事

ブッフェ(未分類) コース料理

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.