記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

東京マリオットホテル『G』グリルコンボディナー&飲み放題コース 2019年4月

0

投稿日:

品川、東京マリオットホテルの1階『ラウンジ&ダイニングG』のディナーへ行ってきました。
今回は、3品の肉料理を含むディナーコースアルコールフリーフローが付くプランを予約。

グリルコンボディナー スプリング
2019年3月1日~5月6日 8,910円(税・サ込)
一休.comまたはOZmallからの予約で6,000円+アルコールフリーフロー付

飲み放題のドリンク

ネット予約特典で、スパークリングワインやカクテル各種、赤白ワインなどが飲み放題

今回は一休.comの期間限定アップグレードセール中に予約したため、通常2時間飲み放題のところ 3時間に拡大されました。

ドリンクメニュー



スパークリングワイン
スパークリングワインは ”度数”が高くもスッキリと飲みやすい味でした。
カクテル類は、シロップっぽい・ほぼジュースという印象。



サングリア白
サングリア赤



ルジェピンクグレープフルーツソーダ
ルジェカシスオレンジ



マリオットオリジナルカクテル
オリジナルカクテルは、ベリーリキュールのソーダ割り。

ドリンクの提供はテンポよく、コース形式の料理とともに楽しめました。

アミューズ


アミューズは、漬けマグロならぬ“漬け鰹”。
ニンニク醤油とゴマ油が染み込んでいて、いわゆるアヒポキのような感じ。

アペタイザー


ホタルイカのワサビマリネと旬の春野菜のサラダ仕立て
新玉葱のスライス

こちらも醤油ベースかな。生玉葱✕ワサビの 引き締まった和風味でした。


柔らかいホタルイカもgood。

パンとオリーブオイル


パン
温かなパンは おかわりもできました。
素朴さのある ややモッサリした雑穀系パンで、これにオリーブオイルをたっぷり吸収させると美味しい。


2種のオリーブオイル
白いボトルは ちょっぴり苦みを含む いかにもオリーブらしい風味。
一方、黒いボトルは なんのクセもないサラッサラなオイル。私は黒派!

スープ


クラムチャウダー
アスパラガスのオランデーズソース炙り

クラムチャウダーは サラサラの野菜ミルクスープといった 上品な仕上がりでした。
個人的には、少々煮詰まった感のある(?) ランチブッフェver.のほうが 濃くて好き。


焼き焦げが香るオランデーズソース✕アスパラガスは美味しかったです。

メインディッシュの 肉料理グリルコンボ


上の写真は5人分で、以下が取り分けた1人前皿。


根菜とキノコペーストをロールした北海道産知床鶏
九州産黒樺牛モモ肉のローストビーフ
SPF霧島純粋豚肩ロースのロール仕立て
季節の山菜を添えて

肉料理3点は、いずれも脂は少なく、筋肉の旨みをワシワシと噛みしめるタイプ。


根菜・キノコ入りの北海道産知床鶏は きめ細やかな肉質が印象的。


豚肩ロースのロール仕立て溶けチェダーチーズinでした。 豚肉本来の旨味は分かりづらかったものの、品の良いチーズバーガー的な感じで美味しかった。


牛モモ肉のローストビーフは 脂身を含まない エネルギッシュな赤身肉の味。塩分も少なく 潔い牛牛しさ。

アラカルトメニューのトリュフポテト


トリュフポテト
【税サ込 1,663円】

こちらは別途オーダーです。
ずばり、大アタリ


むわ~~んとした 強烈なトリュフ臭が わざとらしいくらい香ってきます!
ポテトは二度揚げか、カリカリ感も大変好印象。


調味料類がたくさん出てきましたが、何も付けないのがベスト。

ペストリーシェフ渾身のデザート


デザートは、ナッツとオレンジピールのアイスケーキ(?)に、カシス風味のシフォン生地・抹茶・カスタード・マンゴーソースなどを散りばめた一皿。


ケーキは いわゆるモンテリマールのような感じ。



ホットコーヒー

カジュアルに美味しいものが食べられる 好きなお店!
朝食かランチにも また伺いたいです。

『G』飲み放題ディナーコース予約


【スパークリング含む2時間飲み放題】知床鶏・黒樺牛の自慢のグリル料理等を堪能!★10,910円→6,000円

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

コース料理 飲み放題

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.