記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

ホテルニューオータニ東京『パティスリーSATSUKI』edo抹茶マロンミルフィーユ 2017年10月

0

投稿日:

ホテルニューオータニ東京のロビー階にある『パティスリーSATSUKI』のケーキを頂きました。今回も隣接する『コーヒーショップSATSUKI』でイートイン。

edo抹茶マロンミルフィーユ
2017年10月1日(日)~2017年11月30日(木)

1,620円(税込)

※ イートインは10%のサービス料が加算されます。

※ ブッフェではありません。





まずはショーケースのチェック!
パティスリーSATSUKI』と『ピエール・エルメ・パリ』のケーキはどれも店内で頂けます。(メニューに載っていないものもあるので、お目当てを覚えてから入店。)


マロンミルフィーユは決定として、他はショーケースを見て ピコン[E:flair]ときたものを選びました。新作の抹茶ショートに惹かれつつ、平べったい子をチョイス。



ピュアマロンフラン
1,188円(税込)。
ずんぐりむっ栗。

カスタードクリームと栗きんとんの間のようなお味でした。フラン自体は柔らか・滑らか~な食感で、その中に固めの栗片が 粒々ころころ と入っています。

甘いクリームに、サックリ塩っぱい生地が合わさり美味しい。



かぼちゃフラン
1,080円(税込)。
マロンver.は先月からありましたが、かぼちゃは10月限定でしょうか。

こちらのフィリングは粒々要素は無く、滑らかなペースト状で、マロンver.よりもやや固めでした。

オレンジの風味が付けられているようで、食感のわりに カボチャらしさは薄く感じました。個人的にはマロンのほうが好み。



edo抹茶マロンミルフィーユ
1,620円(税込)。
今回のお目当てはこちら。もう、写真を見たときから絶対食べたいと思っていたんです!!(前回訪問時は、まだ販売開始前でした。)



年通販売のナポレオンパイの倍額ながら、明らかに凝ったフォルム。


パイ生地とビスキュイ生地を各所に挟みつつ、
 ・栗の渋皮煮と、和栗ペースト
 ・左右にアーモンドミルククリーム
 ・和三盆使用のカスタードクリーム
 ・藻塩を振りかけた黒蜜餡子
 ・抹茶カスタードクリーム
 ・羊羹ジュレ

栗は時期ごとに旬の種類を仕様しているそう。

まず、白いクリーム(アーモンドミルク使用)をちょっとだけ味見してみたところ、パンナコッタの如く濃厚ミルキー!クリームだけでも すでに完成されたデザート、な美味しさです。(ニューオータニのパンナコッタそのままの味 のよう。)
そして、栗部分は”ちっちゃいスーパーモンブラン”!!もっさり、栗らしさがグイグイくる、激濃のやつ!!!

倒してナイフで切って頂きましたが、一切湿気を含まないパイは、3枚とも ザクザクと頼もしい手応え。
黄色と緑の2色のカスタードは どちらも風味豊かで、公式写真よりも層が薄く見える抹茶クリームも、鮮明に”抹茶”を放っていました。その ほろ苦いクリームに、上下の和素材が良く合うこと。
粒がシッカリとした黒蜜餡子は食感が立ち、その一方 羊羹ジュレは瑞々しく、濃厚さの中に潤いを与えます。また、藻塩がクッキリと効いており、メリハリも感じられました。

全パーツそれぞれが完成された味わいで、組み合わせても喧嘩せず、和と洋のハーモニーが素晴らしかったです。はじめて「スーパーモンブラン」を頂いたときの感動をさらに上回り、大大大感動!!


和な気分が盛り上がり、和風スパゲッティをオーダーしました。



和風スパゲッティ サツキ風
2,257円(税・サ込)。
きざみ海苔が別添えです。

しめじと椎茸がたっぷり入っていますが、鰹の旨味が最も強く感じられました。和風パスタなのにクリーミーささえ感じるくらい濃厚!青じそと白胡麻の香味が効き、美味しかったです。




以上。わざわざ食べに行って良かったです!!こちらのホテルでは”お値段高すぎない…?”と思った経験も正直何度かありますが、「edo抹茶マロンミルフィーユ」は高いお値段を軽々超える味わいで、ニューオータニやっぱり好きだなぁと惚れ直してしまいました。こうなると他のケーキも是非頂きたいという憧れが膨らみます。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

ホテルスイーツ

Copyright© そう、これからだよね! , 2018 All Rights Reserved.