アマン東京『ラ・パティスリーbyアマン東京』宮崎マンゴーの「タルトマンゴー」 2022年5月

『ラ・パティスリーbyアマン東京』の初夏のケーキ
0

投稿日:

大手町タワー「オーテモリ」の地下2階にある『ラ・パティスリーbyアマン東京』にて、季節のケーキをいくつか購入しました。
苺シーズン終了で定番品が多くラインナップされていたこともあり、色鮮やかなマンゴーに目を奪われました!

『ラ・パティスリーbyアマン東京』の初夏のケーキ

タルトマンゴー(12cm)
6,000円(税込)   トロぺジェンヌ
720円(税込)   シューキャラメル
550円(税込)

支払いはキャッシュレスのみ
公式サイトから予約&事前決済可能です。

タルトマンゴー

『ラ・パティスリーbyアマン東京』のタルトマンゴー(12cm)
タルトマンゴー (12cm)
【税込 6,000円】
  宮崎マンゴー使用。タルトの中にはマンゴーと相性の良いブラットオレンジジャムの入りのアーモンドクリームとカスタードが入っております。濃厚なマンゴー本来の味をお楽しみください。

眩しすぎる宮崎マンゴー

ちなみに、直径6cmのタルトマンゴー(税込1200円)も売っていました。
価格は苺タルトの3割増しですが、これは宮崎マンゴー代でしょう。

こんだけ豪奢に盛られた宮崎マンゴー、
しかもアマン東京セレクトの絶対美味しいヤツ、ともなれば、高くても食べたくなるよね!

マンゴーの盛り方にもときめきます!

この形状を維持できているのが不思議に感じるほど柔らかいマンゴー果肉
このマンゴー、歯ごたえが無!
フォークで刺す、いや掬う(?)のも難しいくらいに繊維感が無!
ただただ、とろっとろ~~。

果肉の味わいは思いの外さっぱりとしていて、甘゛ん゛ま゛~って感じではない。
味の濃さよりも、フルーティーな香りの方が濃く感じたかもしれません。
繊細だけどイキイキとした果実味あり、そこにタルト生地の香ばしさが重なってとても美味しい!

美味しさはもちろんですが、こんなにも柔らかで粘り気がある果肉を、薄~くスライスしてタルトに盛り付ける技術が凄いよね!

ぬるっと飛び出すダイスカットマンゴー
アーモンドクリーム部分は、柑橘果皮がほのかに香るマドレーヌのような味。
ブラットオレンジジャム入りとのことですが、熟したマンゴーの風味を邪魔しない絶妙な配合でした。

タルト生地がまた美味しいのです。みずみずしさとザクザクの共演が素晴らしい。
マンゴーの水分&とろとろのカスタードが合わさってジューシーな食感でありつつも、器のクッキーの歯ざわりがザクッとしているところが流石すぎます!!

冬に頂いた苺タルトとは生地部分から作りが異なり、今後登場する「季節のフルーツタルト」も楽しみになりました!

トロぺジェンヌ

『ラ・パティスリーbyアマン東京』のトロペジェンヌ
トロぺジェンヌ
【税込 720円】
  夏みかんのシロップ煮とムースリーヌを甘いレモンのブリオッシュ生地で挟んだフランス発祥のお菓子です。

中心部には大きめにカットした夏みかんの果肉がごろごろ入っていました。

商品説明は後から読みましたが、夏みかんは”シロップ煮”だったのですね。
フレッシュな風味&食感が立っていたので、てっきり生果肉かと。

THE柑橘。砂糖のガリガリ食感も楽しい。
歯切れの良いブリオッシュにはレモンピールが練り込まれており、柑橘香が鮮烈です。
対照的に、バニラ入りのクリームがまったりこってりしているのがイイ。

柑橘類の爽やかさと対照的に、バニラ入りのムースリーヌがこってりで美味しい!
生地の真ん中の部分だけ、シロップがじゅわわ~っと滲み出るサバラン的食感になっていました。
そしてこのシロップが酸っぱ~~い!!
夏みかんの果汁よりも酸味が強く効いており、レモンジュースのように思えました。

こういうがピシッと効いているスイーツ好き!!

シューキャラメル

『ラ・パティスリーbyアマン東京』のシューキャラメル
シューキャラメル
【税込 550円】
  濃厚なビターキャラメルクリームと、シューの中のキャラメリゼした甘いバナナ、くるみ、カスタードクリームがよく合うスイーツです。

アマン東京の茶色いお菓子は期待を裏切りません。
このシューキャラメルには、”香ばしい”が詰まっている!

キャラメルクリームがとんでもなく美味しい。
苦味クッキリかつ濃厚クリーミーなキャラメルクリームがもう最高。
そのキャラメルクリームの下に、ねっとりとジャム化したキャラメリゼバナナが埋められているわけです。美味しいに決まっているよね!!!

キャラメルクリームとカスタードクリームの間に、バナナと胡桃がゴロゴロ。
シュー生地は 油脂感控えめのサックリしたもので、パリブレストのものと似ていたかな。
シューが素朴な味わいだからこそ、クリームのコクがより映えているように感じます。

また、胡桃の軽快な歯ざわりも印象的です。
胡桃って、ナッツ類の中では食感が重たいイメージがあるのですが、この胡桃はポン菓子みたいにカシュッ!と砕ける。(水分を念入りに飛ばしてある?)
所々にいるカシュカシュ胡桃がアクセントになっていて美味しかった~!!

1個550円と、アマン東京のスイーツにしては安価なところも魅力的ですね。

ベーコンエピ

『ラ・パティスリーbyアマン東京』のベーコンエピ
ベーコンエピ
【税込 550円】

超粗挽きの黒胡椒が主人公のベーコンエピ!

ミルで挽いた雰囲気ではない、叩き潰した黒胡椒(?)が豪快にトッピングされています。

黒胡椒めっちゃ乗ってる!
ホールのままの黒胡椒も発見!
さすがに黒胡椒の風味と辛さがよく効いていました。

一方で、パン生地そのものの香ばしさは今一つに感じてしまったかも。
フランスパンにしてはクラストが柔らかく、リベイクするのが正解だったかもしれません。

 

ケーキコーナーには、以前頂いたミルフィーユやサントノレのビッグサイズバージョンが登場していて、めちゃくちゃ惹かれました!!
季節限定品だけではなく定番品も魅力的なお店なので、ぜひまた伺いたいです。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

関連記事

関連記事

ホテルスイーツ