記事内の写真はクリック拡大できます
記事内の写真は、クリックすると高画質でご覧いただけます。
モバイル版は、開いた写真を上下スワイプ、または☓ボタンで閉じます。
また、開いた写真はダブルタップ、またはピンチイン・アウトで拡大縮小できます。

マンダリンオリエンタル東京『グルメショップ』桜ガーデン・チョコチョコ・ティラミス 2019年3月

8

マンダリンオリエンタル東京の1階にある『ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ』にて、春限定ケーキ「桜ガーデン」他、ケーキとパンを購入しました。

桜ガーデン
1,296円(税込)   チョコチョコ
972円(税込)   ティラミス
810円(税込)

桜ガーデン


桜ガーデン
【税込 1,296円】※4月25日まで

KUMOプロムナードと作りは似ており、チョコで覆われたムースケーキです。

桜と苺に、ピスタチオのアクセントを効かせた春の味(以下の断面図、例によって切る位置が悪く、中のピスタチオ生地が見えていません。)


カットした瞬間、断面からは桜ラテのような柔らかな香りが。
ミルキーさの中に、桜の塩気&苺の甘酸っぱさがほんのり感じられ、春らしい優しさを醸し出していました。
中央に入っている 濃厚な苺コンフィチュールが、 淡いムースを引き締めていて美味しかったです。


このシリーズは 味も見た目も季節感たっぷりで、その上美味しく とてもお気に入り。

ティラミス


ティラミス
【税込 810円】

個性的なビジュアルですが、味わいは 王道を行くティラミスでした。


濃い目のマスカルポーネムースに優しく包み込まれる 染みコーヒーな生地
底の ほろ苦いチョコレートがアクセント。

チョコチョコ


チョコチョコ
【税込 972円】

2種のダークチョコを組み合わせたという「チョコチョコ」。

第一印象、固っ!!
板チョコの固さとは違う、粘っ濃いチョコガナッシュの手応え。
これは チョコ好きなら小躍り必至の逸品でしょう。


ナイフで切る、というよりは、
きゅっ~~っと ゆっくり押し込んで 切り離す感覚でした。

上部の葉っぱ(?)は、半分はパキッ!な薄チョコ、そしてもう半分はサクサクのチョコクッキー
内部も多層構造で、全面茶色なのに 凄く凝ってる…。


とてつもないチョコチョコしさを感じさせながらも、味・食感が一辺倒ではないので 飽きない作りです。

先日好きなモンブランNo.1を叩き出したばかりのマンダリンですが、
好きなチョコケーキNo.1もマンダリンになりました。
えっ、マンダリン強い!


今回は1点だけパンも購入しました。

桜ファルチータ


桜ファルチータ
【税込 486円】

今までも何度か頂いた 48時間熟成発酵ピザ生地の「ファルチータ」
今回購入したver.は、桜海老、七味、ほうれん草、青のり、紫蘇、モッツァレラチーズ入り。


”引きが強いパン”が好きな私には ドストライクのシリーズです。
そう、もっち~~~~っ


桜海老は トッピングだけでなく 内側にもたっぷり入っていました。
フルパワーで襲来する桜海老の風味と、もっち~な生地が合わさって、噛むほど美味しい!
ほうれん草がちょっぴり苦く、春を感じる味わいでした。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
←いいね!と思ったらクリックしてください。

ホテルスイーツ

Copyright© そう、これからだよね! , 2019 All Rights Reserved.